おすすめ8選人気ランキングテントの買取業者
おすすめ6選
人気ランキング

買取業者に買い取ってもらうのがおすすめ!

テントはアウトドア専門買取業者に買い取ってもらうのがおすすめ!
キャンプなどのアウトドアレジャーに欠かせないテント。キャンプだけでなく、登山でもテントを使う場合があります。
テントも様々な種類やサイズがあり、特にファミリーキャンプに使っているテントは結構大きなものが多いですよね。
テントの買い替えなどで不要になったテントを処分するのは大変…

おすすめなのは、専門のリユース業者に買い取ってもらうこと。
今はアウトドアブームということもあり、様々なアウトドア用品を買い取ってもらうことが可能です。
その中でもテントはアウトドア用品の中でも高価で取引がされているアイテムの一つです。
数回しか使っていないなど、状態の良いテントなら満足のいく取引ができるかも!

口コミ評判第1位のショップを見る

テントの買取についてabout tent

ンプ用品の中でも一番目立つテント。キャンプ好きならいくつか持っている人も多いのではないでしょうか。
ソロキャンプ 用のテント、ファミリーキャンプ用のテント、簡単に設営できるテント、または登山用テントや徒歩キャンプ用テントなどの軽量テントがあります。

キャンプもだんだんとハマってくると、テントのみならず、いろいろなギアが増えて行きますよね。テントはキャンプでは中心となる道具なので、全体のコーディネートなどを考えると買い替えたくなる機会も増えてきます。

また、近年のテントは機能性もどんどん進化しているので、新製品が欲しくなってしまいますよね。

まだ使えるテントを捨てたり、人にあげたりはちょっともったいない…でも新しいテントが欲しい!
というときは、アウトドア専門の買取ショップを活用してみてはいかがでしょうか。

中古品を売るにはいくつか方法があります。それぞれメリット・デメリットがあるので、紹介いたします。

インターネットオークション

インターネット上のオークションサイトは、あらゆる製品を総合的に扱うサイトから取り扱いアイテムを限定している専門サイトまで多種多様なサイトがあります。サイトによって、手数料・利用料が無料の場合と有料の場合とがあるので注意しましょう。
オークションサイトは、商品の写真を撮影し説明文などの情報を添えてアップするだけで、あとは買い手が付くのを待つだけです。手軽に不用品を売却できるのがメリットですが、他人同士の取引になるため「製品を送ったのにお金を支払ってくれない」などのトラブルも付きものです。また、買い手が現れない・こん包して発送する手間がかかる・製品によっては送料が高額になるなどのデメリットもあります。

フリマアプリ

スマートフォン1つあれば、手軽にアイテムを売買できるのが魅力で、10代、20代のユーザーを中心に、すっかり身近になりました。商品の撮影をしてタイトルや説明、価格などを入力するだけであっという間に出品できます。
大抵のフリマアプリは事務局が仲介に入っているので安心・安全にやりとりができるのもメリットです。ただし、オークション同様、なかなか買い手が現れない、値下げ交渉をされることも多いのがデメリットでしょう。また、自分でこん包して発送する手間がかかるのも同じです。

買取専門業者

買取専門業者とひとことで言っても、さまざまなタイプの業者があります。日用品・ファッション・家具など何でも総合的に扱う業者もあれば、「アウトドア・キャンプ用品専門」など、アイテムを限定している業者もいます。査定→買取→支払いまでのシステムが整っているため、安心して利用できるのもメリットのひとつです。

買取方法は、主に店頭持ち込み・宅配買取・出張買取の3種類があります。(「宅配買取のみ」などの業者もあり)買取条件・金額などは業者によって異なるので、事前に査定サービスを利用するほうがおすすめです。

数ある買取専門業者の中でも、人気なのが「マウンテンシティ」です。アウトドア・キャンプ・登山用品の専門買取店で、ブランドや製品の知識が深いスタッフが査定を行うのが特徴です。LINEで写真を送るだけで査定ができるので、安心して買取を進められます。

テント買取業者ランキングranking

マウンテンシティ

マウンテンシティ

買取方法
店頭/宅配/出張
公式サイト
https://mountain-c.com/buy/
送料

無料

特徴

「1円でも高いアウトドア用品買取の実現」にこだわり、お客様満足度90%・買取成約率95%・リピート88%率を誇る、人気ランキングNo.1の買取店です。アウトドア・キャンプ・登山用品の専門買取店で、製品やブランド、市場での需要に精通しているスタッフが査定を行うため、高額査定が期待できます。

通常は買取を断られてしまうような、古い・汚れがあるアイテムも買取可能なので、諦めずに査定に出してみましょう。直接、値段の交渉をしたい人は実店舗に持ち込みむこともできます。なお、住まいが遠方、製品の点数が多い場合は、宅配や出張買取を利用可能です。もちろん、送料・出張料・査定料はすべて無料。WEBやLINEで、気軽に無料査定もできます。

口コミ
  • テントの買い取りはリサイクルショップでもやっていたのですが、正直あまり買い取り価格が高くなかったので、登山専門のショップのマウンテンシティさんなら高値になるかなと思ってお願いさせてもらいました。

キャンプパーク

キャンプパーク

買取方法
店頭/宅配/出張
公式サイト
https://camppark.jp/
送料

無料

特徴

キャンプ・BBQ用品などの専門買取業者です。メジャーなものはもちろん、マイナーなものまで、どんなブランドでも買取をしてくれますが、特にコールマン・スノーピーク・ロゴスの3ブランドは積極的に買取をしているようです。

アイテム1点から買取可能ですが、まとめて査定に出したほうが金額がアップします。また、テントなどは「付属品が揃っていればいるほど」査定額が上がるので、できるだけ揃えてから査定に出すようにましょう。

アイテムがたくさんある場合は、店舗から1時間以内なら無料で出張買取も可能です。また、店頭持ち込みの場合は買取金額が500円アップするサービスも行っています。宅配買取では無料宅配キットを送ってくれますが、申し込み時に「ダンボール不要」を選択すると、査定額が500円アップするのでお得です。

アシスト

アシスト

買取方法
店頭/宅配/出張
公式サイト
https://www.assist001.co.jp/
送料

無料

特徴

神奈川県に3店舗、東京都に3店舗あり、いずれも店頭買取を受け付けています。また、東京都と神奈川県限定で出張買取に対応しているので、売りたいアイテムが大きい・多い、自分では運べないなどのときに利用するのがおすすめです。宅配買取の場合は事前に査定してもらい、金額に納得したら着払いで送るだけです。

通常の買取のほか、不用品出張買取サービス、粗大ごみ搬出サービス、リサイクル家電の処分、エアコン取り外し、不用品無料引き取りなどを行っているのも特徴です。引越しの時には便利ですね。

アウスタ

アウスタ

買取方法
宅配
公式サイト
https://ousuta.com/
送料

無料

特徴

キャンプ・アウトドア用品のほか、アディダスやプーマ、アシックスなどスポーツブランドのウェアやシューズなども買い取ってくれます。また、腕時計やサングラスなどの小物、他店では買取不可能なノベルティグッズなども買取対象にしているので「こんなのでも売れるのかな?」と迷ったら、まずは査定に出してみましょう。

査定・買取をしてもらうには、まずはホームページから無料宅配キットを申し込みます。段ボールが届いたら、売りたいアイテムをまとめてダンボールに詰めて、着払いでキャンプマスターに送るだけです。査定料が無料なのはもちろん、買取不成立の場合の返送料もアウスタが負担してくれるので、気軽に利用できます。

なんぼや

なんぼや

買取方法
店頭/宅配/出張
公式サイト
https://nanboya.com/
送料

無料

特徴

なんぼやグループは、全国に54店舗展開する総合リサイクルショップです。いずれも駅から徒歩圏内の便利な立地にあります。金・貴金属・海外ブランド品などの買取を得意とするお店ですが、アパレル用品やシューズ、バッグなどの買取も可能。ダウンベストやブルゾンなどのアイテムも取り扱っており、一部アウトドア製品も買取可能となっています。

なんぼやの宅配買取は、「宅配買取キットを申し込むと翌日配送」「査定は品物が到着次第すぐに開始」「利用者が査定金額に納得すれば、24時間以内に振り込み手続き」…というスピーディーさが特徴です。すぐに売りたい場合には、問い合わせをしてみてください。

トレファクスポーツ

トレファクスポーツ

買取方法
店頭/宅配/出張
公式サイト
https://www.tfsports-kaitori.com/
送料

(3辺サイズが160cm以上のアイテムの買取をキャンセルした場合の返送料は有料)

無料

特徴

総合リサイクルショップ・トレジャーファクトリーグループの中で、スポーツやアウトドア用品専門に買取&販売を行っているのがトレジャースポーツです。実店舗は大型リユースショップなので、店頭での買取をしてもらえるほか、買い物も楽しめます。

ネットでの事前査定は24時間受付していて、申し込みをすれば48時間以内に仮査定金額を教えてくれます。金額に納得できたら、宅配買取か出張買取かニーズに合ったほうを選んでください。宅配キットはなく、利用者が自分でダンボールを用意する必要があることに注意が必要です。なお、3辺サイズ160cm以上の荷物であれば、「らくらく家財便」が利用可能。ヤマト運輸の担当者が自宅まで来て、梱包・集荷をしてくれます。

テント買取業者を選ぶコツpoint

選ぶコツ買取に時間や手間がかからない

買取業者は、オークションやフリマアプリのように売れるまで時間がかかりません。自分で「売りたい」と思ったら、すぐにお金に変えることができるのが最大のメリットです。それぞれ以下のポイントに注意して、やり取りがしやすそうな業者を選んでください。

なお買取業者での買取では、店頭買取・宅配買取・出張買取の3つの方法があります。買取方法を選ぶときには、以下のポイントをチェックしましょう。

■店頭買取:店舗が近くの場所にあるか、査定から支払いまでスピーディーかどうか。
■宅配買取:査定申込後に「無料宅配キット」を送ってくれるか、すぐに査定金額の連絡をくれるか、買取を断った場合の返送料金は無料かどうか。
■出張買取:査定申込後にすぐに来てくれるか、何点から対応してくれるか(点数が少ない、小さいアイテムのみの場合は不可のこともある)、自宅が業者の「出張対応エリア」内になっているか

選ぶコツ査定から入金までスムーズかどうか

店頭買取の場合は、その場で査定をして現金で支払ってくれることがほとんどです。けれども宅配の場合は、査定→査定金額を利用者に連絡→利用者が金額に納得すれば振り込みという流れになるので早くても1日〜数日間かかります。

支払いに関してはホームページに記載してありますが、買取方法や金額によって違ってくることもありますので、念のため査定の申請時に確認しておきましょう。

口コミ評判第1位のショップを見る

買取で人気のテントPopular products

ドームテント

ドームテント

ドームテントはキャンプ利用のテントとしては主流となっている定番のテントです。
組み立ても比較的簡単で、初心者からベテランまで人気があります。
小型モデルだと1人〜2人用、大型のもので5人〜6人用とソロキャンプ からファミリーキャンプまで様々なニーズに応えられます。
ドームテントは基本的には2本のフレームで設営するものが多く、テント幕にあるスリーブ(ポールを通す穴)に通して固定するだけ。
まるい形状から、室内は広く、風にも強いです。

ただ定番のテントなので、キャンプ場では同じようなテントが乱立して目立ちません。自分のテントを探すのに少し時間がかかるかも。。

【人気のあるドームテント】
・コールマン タフドーム
・スノーピーク アメニティドーム
・ロゴス ベーシックドーム
などがあります。

ツールームテント

ツールームテント

ツールームテントは、居室に加えてリビングスペースがあるテントです。
ファミリーキャンパーに人気で、ドーム型テントだとテント外のリビング部分を作るのにタープなどが必要な場合があるのに対して、ツールームテントは予めリビング部分も設けてあります。
2部屋あるテントというイメージだとわかりやすいですが、大きくなる分、重量も15kg〜20kgと重くなり、設営も大変になります。

メリットとしては、完全に閉めるとプライバシーが守られ、防犯にもなります。また、冬でも使えるものが多いです。また、居室を外せば大きいシェルターのようになるので、人数の多いデイキャンプやイベントでも活躍しそうです。

【人気のあるツールームテント】
・スノーピーク ランドロック
・コールマン タフスクリーン2ルームハウス
・キャンパルジャパン ティエラ5-EX
などがあります。

ワンタッチテント

ワンタッチテント

ワンタッチテント、ポップアップテントとも。
その名前の通り、設営・撤収がとても簡単で素早くできるテントで、最近は様々なモデルが出ていることもあり、人気が高まっています。
中には収納袋から出すだけで設営が完了するなどの超お手軽テントもあります(ポップアップテント)小さなものは、日除け程度のものですが、1,2人用の大きなものもあります。

ワンタッチテントは傘のような感じでテントに予めポールがついており、傘を開くようにテントを建てます。主に3シーズンの過酷ではない環境での利用を想定していることが殆どです。値段も比較的お手頃ということもあり、気軽に始めるにはちょうどいいテントです。

【人気のあるワンタッチテント】
・コールマン クイックアップドーム
・DOD プレミアムワンタッチテント
・キャプテンスタッグ CS クイックドーム250UV
などがあります。

ワンポールテント

ワンポールテント

ワンポールテントは1本のポールで立てるテントで、いわゆる「テント」の形をしたテントです。
ドームテントが主流の中、ワンポールテントはキャンプ場の中でも目立つこと間違いなし!です。

ワンポールテントは他のテントと比べて設営が少し難しい「非自立式テント」です。
また、インナーテントが必要なモデルなど、初心者には少しハードルが高いです。

【人気のあるワンポールテント】
・ノースイーグル ワンポールテントシリーズ
・DOD ヤドカリテント
・キャンパルジャパン ピルツシリーズ
などがあります。

ロッジ型テント

ロッジ型テント

ロッジ型テントは大型で「まるで布で出来た小さな家」のようなテントです。
ドームテントが台頭してくるまではロッジ型はテントの主流でした。
大型テントにも関わらず、設営はそれほど難しくなく、骨組みを作った後に布を被せるだけの簡単設計であることが多いです。
最大のメリットはその居室の大きさでしょう。また、キャンプ場では否応なしに目立ちます。
中も外も「小さな家」なので、居室内でも天井が高く、開放感があります。また、壁がほぼ垂直に立っているので、同じ面積でも広く感じることができます。

【人気のあるロッジ型テント】
・キャンパルジャパン ロッジシェルター
・コールマン オアシス テント
・ノルディスク ユドゥン
などがあります。

口コミ評判第1位のショップを見る

テントを高く売る方法

人気のあるアイテムである

テントは、中古市場でも年間通して需要があります。特に、人気ブランドの製品や人気アイテムは探し求めている人が多いので、売りに出せば高価買取も期待できるでしょう。

主な人気ブランドは、モンベル、スノーピーク、コールマンなどです。アイテムは、キャンプ用のテントやタープ、マット、寝袋、装備用のアウトドアジャケットやバックパックなどが人気です。

テントだけでなく、周辺のアイテムも一緒に売ることで査定額アップが見込めます。

型落ち品になる前に できるだけ早く売る

アウトドアブランドでは、ロングセラーの人気定番モデルだけではなく、毎年新しいモデルやシリーズを発表しています。新しいモデルが発売されると、それまで最新モデルだったアイテムは、型落ちとなってしまいます。

そのため、使っていない最新モデルを持っている場合は、新作登場の前に売ったほうが高値で買取してもらえます。新しければ新しいほど、また、使用感が少なければ少ないほど、価値は高くなります。「また使うかもしれないし」などと迷っていないで、早めに売ったほうがお得です。

テントの人気モデルは、型落ちになったあとでも、希少価値がつく場合があります。
そういう時は、アウトドア専門の買取業者の方が価値が分かってもらえる分、納得の取引ができそうです。

箱・説明書・付属品などが 揃った状態にしておく

テントを購入したときの外箱やケース、取扱説明書、付属品などがある場合は、すべて揃えて査定に出しましょう。これらは、購入した後に捨ててしまったり紛失してしまったりする人も多いため、揃っていると査定金額が上がる可能性が高いです。

テントは付属品が無くなったり破損している場合が多いので、全てが揃っていることは高価買取につながります。
パーツ毎にメーカーで販売したりしているので、こまめのメンテナンスをお勧めします。

日頃から メンテナンスをしておく

テントは、汚れや傷が付きやすいものです。使った後に放置しておくと劣化も進んでしまいます。そのため、日頃からこまめなメンテナンスは欠かせません。

たとえばテントやタープなどは汚れを落とし、濡れた場合は陰干しして乾燥させておきましょう。乾燥させて保存するだけでも劣化度合いは全然違います。金属を使用しているテーブルやチェアなどは、水分や泥などを拭き取りサビないように気を付けてください。そのほか、取扱説明書を読み製品に合ったお手入れをしましょう。ていねいにメンテナンスをされているアイテムは、査定のときに評価もアップします。

口コミ評判第1位のショップを見る