おすすめ8選人気ランキングユニフレームの買取業者
おすすめ人気ランキング

買取業者に買い取ってもらうのがおすすめ!

ユニフレームは買取業者に買い取ってもらうのがおすすめ!
ユニフレームは1985年に新潟県で創業されたキャンプを中心としたアウトドア用品メーカー。
創業当時はカセットガスを利用したギアの開発をしており、アウトドア用品メーカーとしては1991年より本格的に参入しています。

ブランド名のユニフレームは「ユニークな炎(Flame)を創造する」に由来しており、ガスバーナーや焚き火台、ランタンなど幅広く展開している。

口コミ評判第1位のショップを見る

ユニフレームの買取についてabout

ユニフレームは初心者からベテランのキャンパーまで人気のあるアウトドア用品メーカーで、新潟県燕市に拠点を置いています。新潟県燕市といえば、金物の町としても有名で、そこで作られたキャンプ用品はどれも信頼性の高いものばかりです。

ユニフレームの代名詞ともいえる商品が「ファイアグリル」。焚き火台です。キャンプフィールドに赴くと必ずと言っていいほどユニフレームのファイアグリルを見かけることがあるというほど。焚き火台の他にもキャンピングテーブルや鍋など様々なギアがファンを魅了しています。

ユニフレームの商品はそのブランド名からも、炎を扱う商品が多く見受けられます。
買取の際は商品のメンテナンスなどがしっかりとされているものが効果査定につながっているようです。

火を使った商品は日々のメンテナンスで状態はだいぶ変わってきます。
金属の町燕市の職人が作っているので、製品自体は信頼のおける作りですが、メンテナンスを怠ると売れないなどの事態に陥ってしまいます。

インターネットオークション

インターネット上のオークションサイトを利用して、アイテムを出品する方法です。スマートフォンやパソコンがあれば、家にいながらにして手軽にオークションに参加できます。手軽にできることは魅力ですが、赤の他人との売り買いになるので「送ったのにお金が振り込まれない」など、トラブルになることも。また、「いつ買い手が現れるのかわからない」のもデメリットです。

フリマアプリ

最近流行りのフリマアプリは、サイト上にアイテムの写真と情報を載せて買い手から連絡が来るのを待っていればいい、という簡単なものです。オークションと同じく、すぐに買い手が見つからないかもしれない、希望の金額では売れない、といったリスクがあります。また、自分で梱包・発送する手間も必要になります。

買取専門業者

家電や家具、洋服や日曜雑貨など総合的に取り扱う買取店もあれば、アウトドア&キャンプ用品などを専門に扱う買取店もあります。オークションやアプリよりも高く売れることが多く、買取方法や支払い方法などのシステムが整っているため安心して利用できるのがメリットです。業者によって買取条件や価格は異なるので、事前に見積もりを出してもらうのが得策です。

買取専門業者の一例として、マウンテンシティをご紹介しましょう。

マウンテンシティは、アウトドア・キャンプ・登山用品などの買取をしている専門店です。一番の特徴は、アウトドア用品に精通した専門スタッフがいること。たとえば、

一般のリサイクル店でアルバイト店員が査定…38,000円
ネットの買取店の若手社員が査定…40,000円

というアイテムが、マウンテンシティで査定をしたら、45,000円になったこともあります。

ユニフレーム買取業者ランキングranking

マウンテンシティ

マウンテンシティ

買取方法
店頭/宅配/出張
公式サイト
https://mountain-c.com/buy/
送料

無料

特徴

アウトドア・登山・キャンプ用品の専門知識を持つスタッフが査定します。そのため、一般的なリサイクルショップの査定よりも高額査定になることが多いようです。ちなみに、古いものや汚れがついてしまったアイテムも買い取ってもらえるので、最初から諦めずに持って行ってみましょう。

事前にいくらで売れるのか知りたい場合は、LINE、メール、電話などでおよその査定金額を確認できます。直接、金額交渉をしたいという人は、東京・埼玉・福岡に実店舗もありますので、お近くの方はぜひ、足を運んでみてください。査定はもちろん、宅配や出張での買取も無料なのも、安心して利用できるポイントですね。

キャンプパーク

キャンプパーク

買取方法
店頭/出張
公式サイト
https://camppark.jp/
送料

無料

特徴

キャンプ用品・テント・BBQ用品などを専門に買取するお店です。人気ブランドの買取を積極的に行っています。付属品が多いテントなどの製品は「付属品が揃っていればいるほど」査定額アップになるので、できるだけ揃えて査定に出すようにしてください。

宅配査定にかかる送料・査定料・返送料は無料で、買取キットも無料で送ってくれます。関東にある店舗から1時間以内なら出張買取が可能、店頭への持ち込みの場合には査定額が500円アップになるお得なサービスもあります

アウスタ

 アウスタ

買取方法
宅配
公式サイト
https://www.e-daikoku.com/
送料

無料

特徴

アウトドア用品やファッション関連用品を専門に買取を行っています。特徴的なのが、他店では買取不可能なショップノベルティや小物などの買取も行っていること。新作はもちろんのこと、古いものも扱っているので、昔の製品でも諦めないで査定に出してみてもいいかもしれません。

宅配買取の際の送料や宅配キット代、買取不成立の際の返送代など、すべてアウスタが負担してくれるので、安心して利用できます。

トレファクスポーツ

トレファクスポーツ

買取方法
店頭/宅配/出張
公式サイト
https://www.treasure-f.com/sports/
送料

無料

特徴

総合リサイクルショップとして全国に店舗を展開をしているトレジャーファクトリーグループの中で、スポーツ用品やアウトドア用品に特化して買取&販売を行っているのが「トレファクスポーツ」です。トレファクスポーツの実店舗では、入門編からファミリー向け、プロ用まで幅広い製品の販売もしているので、ショッピングを楽しめるのも魅力です。

宅配買取や出張買取の場合は、「ネット事前査定」が可能です。売りたい製品の数・大きさ・量・住んでいる地域などによって宅配か出張のどちらがいいかを決めることができます。

マウンガ

マウンガ

買取方法
店頭/宅配/出張
公式サイト
https://maunga-kaitori.jp/purchase
送料

無料

特徴

秩父多摩甲斐国立公園内に店舗がある、中古登山・キャンプ・アウトドア用品専門店です。数多くの登山家やハイカーなどが訪れる場所のため、クラッシュパッド・クライミングシューズ・ハンモック・BBQ用品などのレンタルも行っているのが特徴です。日常的に大自然の中で遊んでいるため製品に詳しいスタッフが査定を行います。

店頭持ち込みの場合は、その場で査定と現金による支払いをしてもらえるほか、宅配買取や出張買取(大量買取の場合)、商品を撮影するだけで査定をしてもらえるWEB買取も人気です。また、錆びたウッドピッケルや点火しないガソリンストーブなどの買取もOKなので、「これ売れるのかな?」と迷ったら、電話やメールなどで問い合わせてみましょう。

アシスト

アシスト

買取方法
店頭/宅配/出張
公式サイト
https://www.assist001.co.jp/
送料

無料

特徴

家電や家具、バイクや自転車、生活用品、アウトドア用品など、あらゆるジャンルの買取を行っているのが特徴です。実店舗が東京に3軒、神奈川県に3軒あり、店頭買取を行っています。海外の発展途上国などにチャリティーなども行なっているため、古い衣類や使用済の食器など他店では買取を断られるようなものでも買い取ってもらえることが多いようです。

宅配買取のほか、売りたいものが多くて送れない、大きくて自分では運べないなどの場合は出張買取も可能です(東京、神奈川県限定)。さらに、アシストでは「不用品ワンストップサービス」を行っています。不用品の買取&回収・リサイクル家電の処分・粗大ごみの搬出・エアコンの取り外しなどもまとめて依頼できるので、引越しの際に便利でしょう。

ユニフレームのアイテムを高く売る方法

人気のアイテム

ユニフレームの人気アイテムは、ファイアグリル、焚き火台テーブル、ダッチオーブンなどです。
人気ブランドやアイテムは、「中古でも欲しい」という人が多いです。そのため、買取業者が高値買取をしてくれる可能性は高くなります。

未使用品は開封しない

一目惚れして買ったはいいものの、実際は使わなかった・・・などとキャンプ道具の沼にハマった人からはよく聞く話です。
もし、使わずにずーっと倉庫にしまってあるギアがあったら未開封のまま買取にだしてみてください。
付属品や説明書などが完璧にそろったものは高価査定が期待できます。
開封未使用品で状態が同じようなものでもやはり未開封品の方が査定が高いです。
買ったらすぐに中身を見てみたいのは重々承知ですが、まずは本当に使うかを考慮して開封してください。

型落ちする前に売る

長年愛され続けている定番モデルもありますが、トレンドを取り入れた新しいモデルやシリーズも毎シーズン登場します。もし、そんな最新モデルを購入したものの「自分には合わない」と感じたら、「買ったばかりなのに」「いつかは使うかも」と迷っていないで、早めに買取に出しましょう。
新しくて使用感が少なければ少ないほど、評価はアップします。特に、次のモデルが登場する前であれば、高額査定が期待できます。

タグや説明書、付属品が揃った状態で売る

購入時の外箱・ケースや袋・取扱説明書・付属品・保証書などは、すべて揃えてから査定に出しましょう。特に、組み立てが必要なギアなどは使い方を覚えてしまったら捨てたり紛失したりする人も多いため、揃っていると査定のときに有利になります。新製品を購入したときは、クリアファイルなどに入れてまとめて保管しておくことをおすすめします。

日頃からメンテナンスをこまめにする

アウトドア用品は、汚れたり傷が付いたりしやすいものです。そのため、日頃からメンテナンスをしておくようにしましょう。特に火を使うものなどは適切にメンテナンスをしないと劣化が早まってしまいます。アイテムによってお手入れ方法は異なりますが、使用後はすぐに汚れを落とし、必要があれば洗ったり、定期的にホコリを取り除いておきます。

また、金属を使用しているアイテムは、サビないように水分を拭き取りましょう。丁寧に使っているとわかるアイテムは、査定のときに評価がアップします

口コミ評判第1位のショップを見る

買取で人気のユニフレームのアイテム

ファイアグリル

ファイアグリル

ユニフレームの代名詞とも入れる商品がこのファイアグリル。
焚き火台としての機能はもちろんですが、標準装備されている焼き網でバーベキューも楽しめます。
ファイアグリルはステンレス製で頑丈にできていることから、ダッチオーブンなどの重い鍋などを載せても大丈夫なほど。
また、様々なオプションパーツで鍋などを吊ったり、独自の加工を施した鉄板など様々な用途での利用が可能です。

焚き火テーブル

焚き火テーブル

ユニフレームのアウトドアローテーブルの人気商品、焚き火テーブルは天板がステンレスなのが特徴です。ステンレスの天板なので、熱に強く、ファイアグリルで調理したダッチオーブンや鍋をそのまま直接置くことができます。

また、耐久性にも優れ、長く使用することができるテーブルであることは間違いないです。ローテーブルなので、ソロキャンプや焚き火横に置くサブテーブルとしてちょうどいいサイズ感と機能が人気です。

ガスバーナー

ガスバーナー

ユニフレームで人気のガスバーナーは「ツインバーナー」「セパレートバーナー」「ミニバーナー」「テーブルトップバーナー」。
ツインバーナーはそのスタイリッシュな外観からも人気が高く、どの製品も既存のガス缶がつかえることから、手軽に使うことができます。

テーブルの上で利用しても腹斜熱でテーブルが焦げないと定評のある「テーブルトップバーナー」ですが、2019年以降、生産が終了しており、手に入れるためにはリユース市場でしか買えない商品となっています。
このようなデッドストックなどの商品は高価査定が期待できます。

クッカーセット

クッカーセット

ユニフレームの人気クッカーセットといえばfan5シリーズです。その内容としては、大鍋・小鍋・フライパン・ザル・ライスクッカーです。
fan5シリーズがあれば、家族4人のキャンプの調理でも十分に賄える大きさです。
キャンプ用クッカーなので、スタッキングがコンパクトにできます。取手などは取り外しができたり畳んだりすることが可能です。

ダッチオーブン

ダッチオーブン

キャンプ初めてしばらく経つと、気になるのがダッチオーブン。バーベキューは楽しくて美味しいんだけれども、たまには違う料理がしたいなと思い始めると、ダッチオーブンの出番です。
ユニフレームのダッチオーブンは黒皮鉄板製でメンテナンスが楽との評判です。黒火皮鉄板は鉄板を熱した際に発生する酸化被膜のことで、この皮膜のおかげで赤錆などが発生せず、長く使えます。
また、鉄板をプレスして作成しているので、頑丈で割れにくく熱が均等に伝わるので、ダッチオーブン初心者にもおすすめです。

口コミ評判第1位のショップを見る