おすすめ8選人気ランキング登山靴の買取業者
おすすめ10選
人気ランキング

買取業者に買い取ってもらうのがおすすめ!

登山靴は買取業者に買い取ってもらうのがおすすめ!
登山するにあたり、一番大事な道具は登山靴。登山靴なくして登山はあり得ません。登山は徒歩で移動するアクティビティです。歩けなくなったら、最悪死ぬこともあります。
ただ歩きやすいだけでなく、足元をしっかりと守り固め、登山の最後サポートしてくれる最重要アイテムです。

口コミ評判第1位のショップを見る

登山靴の買取についてabout

登山に必要不可欠な登山靴。しっかりと履き込んだ登山靴は愛着も湧き、登山の相棒になりますが、長時間履いて過酷な道を進むための道具なので、少しでも足に合わなかったりすると、大変なことになります。
試し履きの時は問題がなくても、2時間、3時間と歩くにつれ、靴ずれが起きたり、足に合わなくて疲れてしまったりはよくあることです。足に合わなかった登山靴はなかなか知人に受け渡すのも気が引けるものです。
合わない靴は手元にあっても仕方ないし、一度山で履いてしまうと返品も難しいので、そんな時はアウトドア、登山に特化した買取店に買い取ってもらいましょう!

登山靴といっても、用途によって種類は様々。ハイキングや日帰り低山登山、トレッキング、森林限界を超えた高度の登山、冬山登山など、いくつか共通して使えるものもありますが、それぞれの登山靴があります。また、足や好みに合わせてハイカット、ミッドカット、ローカットなどの種類があります。
特に高価買取が期待できるのは、冬山用登山靴です。夏用と違い、保温材が入っており、防水加工はもちろんですが、一番の違いはアイゼンを装着する前提でのソール形状の違いです。コパというアイゼン装着用の溝がついている場合が多いです。夏用より格段にしっかりとした作りのため、価格も高いです。冬の登山靴とアイゼンはセットで買ったりするので、買取を依頼する際もアイゼンも一緒に買い取ってもらいましょう。

登山靴を売るための方法は大きく分けて3通りあります。
・インターネットオークションで売る
・フリマアプリなどで売る
・専門の買取業者に依頼する
です。それぞれメリットデメリットがありますので、こちらで紹介していきます。

インターネットオークション

インターネット上のオークションサイトを利用して、アイテムを出品する方法です。スマートフォンやパソコンがあれば、家にいながらにして手軽にオークションに参加できます。手軽にできることは魅力ですが、赤の他人との売り買いになるので「送ったのにお金が振り込まれない」など、トラブルになることも。また、「いつ買い手が現れるのかわからない」のもデメリットです。

フリマアプリ

最近流行りのフリマアプリは、サイト上にアイテムの写真と情報を載せて買い手から連絡が来るのを待っていればいい、という簡単なものです。オークションと同じく、すぐに買い手が見つからないかもしれない、希望の金額では売れない、といったリスクがあります。また、自分で梱包・発送する手間も必要になります。

買取専門業者

家電や家具、洋服や日曜雑貨など総合的に取り扱う買取店もあれば、アウトドア&キャンプ用品などを専門に扱う買取店もあります。オークションやアプリよりも高く売れることが多く、買取方法や支払い方法などのシステムが整っているため安心して利用できるのがメリットです。業者によって買取条件や価格は異なるので、事前に見積もりを出してもらうのが得策です。

マウンテンシティ

マウンテンシティ

買取方法
店頭/宅配/出張
公式サイト
https://mountain-c.com/buy/
送料

無料

特徴

アウトドア・登山・キャンプ用品の専門知識を持つスタッフが、査定を行っています。アイテムやブランドの価値、市場での人気や需要などにも詳しいので、一般的なリサイクルショップよりも高額査定が期待できます。また、古い・劣化している・汚れがあるなどの製品も買取しているので、「これ、買取してもらえるのかな?」と迷うようなものも、一度、査定に出してみてください。

事前に「いくらで売れるのか金額が知りたい」という場合は、LINE・メール・電話などでおよその査定金額を確認できます。また、直接スタッフと対面で買取価格を交渉したい人は、東京・埼玉・福岡に店舗があります。買取交渉だけでなく、メンテナンスの方法やアイテムについての詳細な情報なども教えてくれます。

なお、査定料・出張料・宅配送料・キャンセル料などはすべて無料。マムートなどの人気海外ブランドは、特に積極的に買取を行っているので、使っていないアイテムは査定に出してみましょう。

キャンプパーク

キャンプパーク

買取方法
店頭/出張
公式サイト
https://camppark.jp/
送料

無料

特徴

キャンプ用品・テント・BBQ用品などを専門に買取するお店です。特に、キャンプ用品の人気ブランドの買取を積極的に行っています。付属品が多いテントなどの製品は「付属品が揃っていればいるほど」査定額アップになるので、できるだけ揃えて査定に出すようにしてください。

宅配査定にかかる送料・査定料・返送料は無料で、買取キットも無料で送ってくれます。関東にある店舗から1時間以内なら出張買取が可能、店頭への持ち込みの場合には査定額が500円アップになるお得なサービスもあります。

マウンガ

マウンガ

買取方法
店頭/宅配/出張
公式サイト
https://maunga-kaitori.jp/purchase
送料

無料

特徴

秩父多摩甲斐国立公園内に店舗がある、中古登山・キャンプ・アウトドア用品専門店です。数多くの登山家やハイカーなどが訪れる場所のため、クラッシュパッド・クライミングシューズ・ハンモック・BBQ用品などのレンタルも行っているのが特徴です。日常的に大自然の中で遊んでいるため製品に詳しいスタッフが査定を行います。

店頭持ち込みの場合は、その場で査定と現金による支払いをしてもらえるほか、宅配買取や出張買取(大量買取の場合)、商品を撮影するだけで査定をしてもらえるWEB買取も人気です。また、錆びたウッドピッケルや点火しないガソリンストーブなどの買取もOKなので、「これ売れるのかな?」と迷ったら、電話やメールなどで問い合わせてみましょう。

ORBITAL OUTDOORS

ORBITAL OUTDOORS

買取方法
店頭/宅配/出張
公式サイト
http://orbital-outdoors.com/
送料

無料

特徴

キャンプ用品・登山用品・釣り具を扱う買取ショップです。アパレルショップも運営している会社で、ロゴスなど有名ブランドは高価買取が期待できそうです。

LINEやweb、電話で無料査定が受けられるので、どのくらいの額になりそうか確認してから売るかどうか考えてみても良さそうです。宅配買取のほか、都内などの実店舗での店頭買取、関東近郊を中心とした出張買取も行っています。出張料が無料なことに加え、1品からでも出張可能になっているので、近郊の方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

1品でも買取OKですが、何点かまとめて売ることでさらに高評価となるケースも。査定額は1点ごとに出るので、納得して売ることができそうです。

トレファクスポーツ

トレファクスポーツ

買取方法
店頭/宅配/出張
公式サイト
https://www.tfsports-kaitori.com/
送料

(3辺サイズが160cm以上のアイテムの買取をキャンセルした場合の返送料は有料)

無料

特徴

総合リサイクルショップ・トレジャーファクトリーグループの中で、スポーツやアウトドア用品専門に買取&販売を行っているのがトレジャースポーツです。実店舗は大型リユースショップなので、店頭での買取をしてもらえるほか、買い物も楽しめます。

ネットでの事前査定は24時間受付していて、申し込みをすれば48時間以内に仮査定金額を教えてくれます。金額に納得できたら、宅配買取か出張買取かニーズに合ったほうを選んでください。宅配キットはなく、利用者が自分でダンボールを用意する必要があることに注意が必要です。なお、3辺サイズ160cm以上の荷物であれば、「らくらく家財便」が利用可能。ヤマト運輸の担当者が自宅まで来て、梱包・集荷をしてくれます。

アウスタ

アウスタ

買取方法
宅配
公式サイト
https://ousuta.com/
送料

無料

特徴

アウトドア・キャンプ用品全般、スポーツブランドのウェアやシューズ、サッカーや野球、テニスなどのスポーツ用品のほか、ビームスなど人気セレクトショップのファッションアイテムなど、幅広く買取を行っています。アウスタの特徴は、他店では買取不可なことが多い、ショップのノベルティ用品や小さなアイテムの買取を行っていることです。また、査定ランクは低くなるものの、汚れや破れなど難点のあるジャンク品の買取も積極的に行っています。

宅配は全国から送料無料で受け付け、最速で翌日の振り込みも可能です。事前に買取金額が知りたい場合は、メール査定やLINE査定を利用してみてください。

また、大型商品の場合は事前に確認をしてください。

A-SPORTS

A-SPORTS

買取方法
店頭/宅配
公式サイト
http://a-sports10.com/
送料

無料

特徴

アウトドア・スポーツ製品や学生服、ユニフォームなどの買取店で、創業から11年になります。

同店の特徴は、査定金額を保証していることです。宅配買取の際「仮査定の金額よりも、本査定金額が減額される」ということはありません。事前に伝えた仮査定金額=実際の買取金額になります。
ただし、「付属品有りと申告したが、実はなかった」「傷や欠損があったことを伝えていなかった」などの場合は、マイナスされることもあるので、製品情報は正確に伝えましょう。なお、出張査定の際、「初対面の男性スタッフを家にあげるのは不安」という方の場合は、女性スタッフに対応を依頼することもできます。

なんぼや

なんぼや

買取方法
店頭/宅配/出張
公式サイト
https://nanboya.com/
送料

無料

特徴

なんぼやグループは、全国に54店舗展開する総合リサイクルショップです。いずれも駅から徒歩圏内の便利な立地にあります。金・貴金属・海外ブランド品などの買取を得意とするお店ですが、アパレル用品やシューズ、バッグなどの買取も可能。ダウンベストやブルゾンなどのアイテムも取り扱っており、一部アウトドア製品も買取可能となっています。

なんぼやの宅配買取は、「宅配買取キットを申し込むと翌日配送」「査定は品物が到着次第すぐに開始」「利用者が査定金額に納得すれば、24時間以内に振り込み手続き」…というスピーディーさが特徴です。すぐに売りたい場合には、問い合わせをしてみてください。

アシスト

アシスト

買取方法
店頭/宅配/出張
公式サイト
https://www.assist001.co.jp/
送料

無料

特徴

神奈川県に3店舗、東京都に3店舗あり、いずれも店頭買取を受け付けています。また、東京都と神奈川県限定で出張買取に対応しているので、売りたいアイテムが大きい・多い、自分では運べないなどのときに利用するのがおすすめです。宅配買取の場合は事前に査定してもらい、金額に納得したら着払いで送るだけです。

通常の買取のほか、不用品出張買取サービス、粗大ごみ搬出サービス、リサイクル家電の処分、エアコン取り外し、不用品無料引き取りなどを行っているのも特徴です。引越しの時には便利ですね。

モノフリーク

モノフリーク

買取方法
宅配
公式サイト
https://www.mono-freak.com/
送料

無料

特徴

アウトドア系の専門ショップだけあって、豊富な知識を生かした丁寧な査定が魅力です。特にウェアやザック類の取り扱い数が多く、人気ブランドの状態の良いものならかなりの高評価が期待できます。季節外のもの、たとえば夏場にダウンジャケットを売りたいという場合でもOKです。一方、ノーブランド品や、ブランド品であってもダメージのひどいもの等は不可となっているので注意しましょう。

査定申込みは、webまたは電話・メールで受け付けています。まずは相談だけでもOKなので、気になる方はぜひ一度問い合わせしてみて下さい。

登山靴を高く売る方法

人気のあるアイテム

どのブランドでも人気アイテムは高価買取が期待できます。状態・付属品の有無などによっても買取金額は異なりますが、もし使っていないのであれば、早く買取に出すようにしましょう。また、登山靴だけでなく、どのアイテムにも共通して同じことがいえるので、一緒にまとめて買い取ってもらうとお得です。

事前にきれいにしておく

査定に出す前に、できるだけきれいに掃除をしておきましょう。登山靴は、特に汚れが目立つ商品です。事前にメンテナンスをして綺麗な状態で査定に出しましょう。自分の手でできる限り購入時の状態に戻し、見た目をきれいにすることが大切です。

箱・説明書・付属品などが 揃った状態にしておく

製品を査定に出す時には、製品の外箱・ケースや袋・取扱説明書・付属品・保証書などをすべて揃えておきましょう。捨てたり、紛失したりしてしまう人も多いため、すべて揃っていると査定のときに有利になります。

新しい製品を購入したときは、いずれ買取に出すことも考慮して上記のものは保管をしておくようにしましょう。

日頃から メンテナンスをしておく

登山靴は当たり前ですが野外で使用するので汚れたり傷がついたりします。長く使い続けるためには、日頃のメンテナンスは欠かせません。もちろん買取をしてもらう時にも、状態がよく、今後も長く使えそうなものが高評価となります。

基本的には使用後すぐに汚れを落とす・洗う・ホコリや泥を払う・水分を拭く・陰干しして湿気を取る、などのお手入れをしてください。

口コミ評判第1位のショップを見る

買取で人気の登山靴メーカー

キャラバン

キャラバン

戦後最初の登山ブームは1956年のマナスル遠征隊の登頂がきっかけでした。その際にアプローチシューズとして採用された登山靴がキャラバンの登山靴。以来60年以上の歴史があり日本人の足にあった登山靴を作っています。最初の登山靴として人気が高く、日帰り登山、初心者にぴったりです。

モンベル

モンベル

日本のアウトドアシーン、ひいては登山業界を下支えしているのはモンベルに他なりません。モンベルの登山靴は初心者からベテランまで、どの層の登山者でも愛用者が多いです。日本のメーカーですので、日本人の足に合わせた設計と、一番の特徴はソールで、日本の気候風土にあったソールを採用しています。アウトドアシューズのソールといえばビブラムですが、ビブラムソールは乾いた風土で生まれたソールなので、湿度が高く雨の多い日本では天候に左右されづらいソールが必要です。

ノースフェイス

ノースフェイス

機能とデザインに定評のあるノースフェイスの登山靴は主にトレッキング用の靴が中心にラインナップされています。ノースフェイスの登山靴は日本に出荷しているものは、日本人の足に馴染むように設計されています。トレランシューズや冬用のキャンプシューズなど、種類も豊富です。

マムート

マムート

マムートはスイスのアウトドアメーカーで、マンモスのロゴが特徴的なブランド。150年の歴史の中で、登山靴メーカーを買収した際に登山靴を開発するようになりました。ヨーロッパメーカーの登山靴は幅広の日本人の足に合わない場合があり、長時間使用することで足に痛みを感じることが稀にあります。選ぶ際はご注意ください。

スカルパ

スカルパ

スカルパはイタリアの登山靴メーカで、主に冬の登山靴としての知名度が高いブランドですが、もちろん3シーズン用のトレッキングシューズもあります。ソールが硬めに調整されているのが特徴で、アルパイン向けのシューズと同じくらいの硬さがあるようです。主に岩稜帯で真価を発揮します。

口コミ評判第1位のショップを見る