ダイヤモンド買取のことならウレルへ

ダイヤモンド 買取 ことなら ウレル

ダイヤモンドの店頭・出張・宅配買取を行っているウレルでは、お客様がダイヤモンドをお売りしたあと「よかった」「楽しかった」と思っていただけるような高額買取を実現します。

  • 宅配買取サービスを利用する
  • 出張買取を依頼する
  • ウレル南浦和店で査定する

ウレルのダイヤモンド買取実績&相場

  • ハートシェイプダイヤモンド

    ハートシェイプダイヤモンド

    店頭買取大宮店

    買取相場価格¥120,000

  • オーバルカットダイヤモンド

    オーバルカットダイヤモンド

    店頭買取大宮店

    買取相場価格¥180,000

  • ペアシェイプダイヤモンド

    ペアシェイプダイヤモンド

    出張買取

    買取相場価格¥300,000

  • ラウンドブリリアントカット

    ラウンドブリリアントカット

    店頭買取大宮店

    買取相場価格¥160,000

  • エメラルドカットダイヤモンド

    エメラルドカットダイヤモンド

    出張買取

    買取相場価格¥150,000

  • マーキスカトダイヤモンド

    マーキスカトダイヤモンド

    店頭買取大宮店

    買取相場価格¥180,000

  • プリンセスカットダイヤモンド

    プリンセスカットダイヤモンド

    出張買取

    買取相場価格¥200,000

  • ピンクダイアモンド ラウンドブリリアントカット

    ピンクダイアモンド ラウンドブリリアントカット

    店頭買取大宮店

    買取相場価格¥800,000

  • ファンシーイエローダイヤモンド

    ファンシーイエローダイヤモンド

    店頭買取大宮店

    買取相場価格¥180,000

ウレルの買取はダイヤモンドを
渾身価格で買取査定いたします。

ダイヤモンドは世界で一番有名な宝石です。また、宝石の中でも一番硬度が高いです。宝石の価値は綺麗さと希少性で決まります。ダイヤモンドに関しては4Cという綺麗さの基準があります。カット(研磨)、クラリティ(透明度)、キャラット(重さ)、カラー(色)の4つがその基準です。もし、あなたが必要としなくなってしまったダイヤをお持ちなら、ぜひ価値のわかるウレルへお任せください。高額買取について詳しく説明させていただきます。

※渾身価格とは…ウレルがお客様の大切な思い出をお引き受けし、お客様に笑顔になっていただくために、精一杯がんばらせていただく価格のことです。

ダイヤモンドを高額査定・・・・してほしい! そんなあなたへ
ウレルが何故、高額査定できるのかお伝えします。

  • 高額査定のポイント1

    圧倒的な市場調査力と国内外販路数

    ウレルでは、国内外の市場調査と販路開拓を積極的に行っております。国内よりも海外で高値がつくケースも少なくありません。高く売れる国内外販路を多く持っているため、ウレルでは高額買取が可能なのです。

  • 高額査定のポイント2

    宅配買取を中心にしてコスト削減

    ウレルは買取店舗を極限まで減らし、インターネットを通じた宅配買取を中心にしているため、店舗維持のコストが抑えられています。そのぶんを買取価格に還元させていただいております。

  • 宅配買取サービスを申し込む

ダイヤモンド買取強化アイテム

  • ファンシーイエローダイヤ

    ファンシーイエローはダイヤの中でも希少なカラーです。

  • ファンシーライトブラウンダイヤ

    ライトブラウンは最近人気が出てきているカラーです。

  • ラウンドブリリアントカット

    ラウンドブリリアントはダイヤのカットの中でもっとも美しいとされています。

  • ファンシーパープリッシュピンクダイヤ

    特にピンクは女性からの人気が熱く、海外からも求められています。

ウレルが何故、ダイヤモンド
高額査定できるのか!?

ウレルがなぜダイヤモンドを高価買取できるのか。それは大きく2つの理由があります。1つめは鑑定士の能力です。弊社ではとくに宝石鑑定を得意とする専門の鑑定士が在籍しており、的確な市場価値からギリギリの買取金額を計算いたします。2つめは自社の宝石鑑定書発行とポリッシングなどのケアが可能です。これらがコストダウンに結びつき、査定金額に上乗せができるのです。あなたのダイヤを最大価値でお受け取りいたします。

買取金額がアップする
おまとめ査定

  • ダイヤモンド ラウンドブリリアントカット ルース買取相場価格 360万円

  • エルメス バーキン ニロティカス ヒューシャーピンク買取相場価格 450万円

  • カルティエ ミニサントスドゥモワゼル買取相場価格 110万円

  • シャネル カメリア ダイヤリング買取相場価格 13万円

通常買取価格合計 ¥9,330,000

¥9,400,000

4おまとめ査定の買取価格合計

1つずつ査定するより
まとめて査定した結果
70,000

「1円でも高く買い取って頂きたい」そんなお客様の熱い声にウレルは応えます! 
ウレルでは、お売りいただける商品点数が多いほど高い査定額をお付けする「おまとめ
査定」を行っております。品物の種類やブランド・ノンブランドは問いません。
複数の品物をウレルにお持ち込みいただくだけで、通常より高い買取査定
額をお付けできます。売りに行く前に「一緒に売れるものはないか?」
もう一度チェックしてみてください。

  • おまとめ査定
  • どんなジャンルの商品でも、合わせていただけます

断然お得!
是非ご活用
ください!

  • 宅配買取サービスを申し込む

「ウレル」が支持されている理由を
自信を持ってお答えします。

  • 他店に比べて高額査定

    ウレルはマーケティング力を活かし、国内外に多くの販売ルートを持っています。ものによっては国内よりも海外で高値がつくケースも少なくありません。ウレルはその商品に応じた高く売れるルートを知っていますので、お客様がお持ちの品を高く買取ることが可能です。

  • 無料の宅配買取キットで遠方買取も簡単に行える

    仕事やプライベートで忙しくて時間が取れないという方も、宅配買取キットを使えばご都合のよいタイミングで、簡単に買取できます。送料や手数料は一切かかりませんし、キャンセル料もかかりません。買取や買取価格に関するご質問や明細書の発行などにもしっかりと対応させていいただきます。ぜひお気軽に宅配買取サービスをご利用ください。

  • 買取できる商品が豊富

    アパレルやアクセサリーをはじめとしたブランド品、アウトドア用品やスポーツ用品、釣り具などの趣味の品、工具・電動工具などの業務用品まで、ウレルはどんな商品でも買取できます。盗品やコピー品など、違法な品物以外はほぼすべて取り扱っております。買取実績も豊富にございますので、安心して品物をお持ちください。

  • 宅配買取サービスを申し込む

ダイヤモンド買取をご利用になったお客様の声

鑑定書が無くても大丈夫でした。

33歳 / 女性

ダイヤモンドのネックレスの査定をお願いしたのですが、鑑定書を無くしてしまい、安い査定になるのではないかと不安でした。しかし、鑑定士の方が丁寧に鑑定をしてくださり、予想よりもいい査定金額だったので驚きました。鑑定する際も時間はあまりかからず対応してくれたので、あまり時間がない人でも大丈夫だと思います。査定に関する質問に対しても、親切丁寧に答えてくれたので、納得のいく買取でした。今後も売りたいものがあれば、利用させていただきます。ありがとうございました。
付属品が無くとも買取します。

担当:大宮店 宮下

先日は当店をご利用いただき、誠にありがとうございました。ダイヤモンドのネックレスの査定ということでしたが、鑑定書が無い不安を取り除けたようで安心いたしました。ダイヤモンドを購入した時に鑑定書や鑑別所が付いてくることが多く、それはダイヤモンドを鑑定する際のグレードを確認する際に便利なものです。しかし当店では熟練の鑑定士と鑑定用の機械を用意しておりますので、鑑定書が無い場合でも迅速丁寧に査定をし価格を出させていただきます。今後ともお客様にご満足いただけるお店を目指していきますので、またのご利用お待ちしております。
引っ越し代の足しにしたかったので売りました。

34歳 / 女性

近々引っ越しをすることになったので、引っ越し代の資金にしようと思い、母から貰ったダイヤの指輪を売ることにしました。他にも何店か査定をお願いしましたが、どこもあまり変わらない金額を提示してきたのでここで最後と思い、お邪魔しました。ですが、こちらのお店が一番高い金額を提示してくれてので驚きました。金額の説明も分かりやすく、素早く対応してくれたので、満足しています。まだ引っ越しの資金には少し足りないので、近日中にまた査定をお願いしたいと思っています。その際もよろしくお願い致します。
当店は他店より高い金額で買取致します。

担当:大宮店 宮下

この度はご来店いただき、ありがとうございます。この度はダイヤの指輪の買取査定をさせて頂きました。当店ではリユース鑑定士という資格を持ったプロの鑑定士がおり、商品知識は他店の追随を許しません。その広い商品知識と独自の流通ルートがあるので、他店より高額で買取をさせて頂いています。他にもお売りになりたいお品物があるとのことですので、是非当店をお使いください。必ずご満足いただける査定金額を提示致します。またのご利用をお待ちしております。
10年前の買ったダイヤの指輪を買取してもらいました。

50歳 / 女性

先日はダイヤの指輪の買取ありがとうございました。10年前に購入した指輪で、思い出の品ですが、サイズが合わなくなったので、この際だから売ろうと思いお邪魔しました。スタッフの方はみんな笑顔で接客をしてくれてとても好感が持てました。査定金額も想像を超えた金額でいい意味で裏切られました。初めて来店したのにも関わらず親切丁寧に対応してくれたので、今後またいらないものが出てきましたら、お邪魔したいと思います。ありがとうございました。
笑顔をモットーに接客させていただきます。

担当:大宮店 宮下

この度は初めてのご来店、誠にありがとうございます。当店は笑顔をモットーにお客様に初めてご来店いただいたお客様に不安を与えず、笑顔になって頂けるようなお店を目指して努力しております。また、商品知識豊富のスタッフが常にお店にいるので、金額についての説明もお客様の不安を取り除けるように親切丁寧にお伝えいたします。これからも、よりお客様に笑顔を与えることが出来るように日々努力を重ねていきますので、またのご利用をよろしくお願いいたします。
ダイヤモンドのルースを買取してもらいました。

36歳 / 男性

先日は買取をしてくれてありがとうございました。他店に査定をお願いした時に、ダイヤモンドのルースはジュエリーと違い高い金額にはならないと言われて、今回も正直期待していませんでしたが、予想より高い金額になったので驚きました。査定もスピーディーで金額の説明も分かりやすく、気持ちよく買取をお願いすることが出来ました。お店も清潔感があり、スタッフの方も丁寧な方ばかりだったので、今度友人にも紹介してみようと思います。
他店では買い取らないようなものでも買い取ります。

担当:大宮店 宮下

この度はウレルをご利用いただきありがとうございます。ダイヤモンドのルースはジュエリーと違い、一般の方の需要が少ないので買取金額が低くなりがちです。しかし当店では多くの販売経路を確保しているので、どんなものでも高額で買い取ることが出来るのです。ダイヤモンドのルースやジュエリーは特に貴重なので高額の査定としていただきました。またこのような商品がございましたら、ぜひ当店をご利用ください。その際も必ずお客様のご満足いただける価格をご提示いたします。
  • 宅配買取サービスを申し込む

選べる3つの買取方法!

あなたにあったご利用方法をお選びください。

  • 無料宅配キットは、留守でも
    ご自宅のポストに届きます。
    リユースバッグで梱包要らず!

    宅配買取

    ウレルでは、遠方で店舗まで品物を持ち込めない方、仕事で忙しくて店に行く時間がとれない方、体調が悪くて自宅から出られない方、行くのが面倒な方向けに、無料宅配買取サービスを行っております。専用フォームよりお申し込みいただき、送られて来た宅配買取キットに品物を入れて送るだけで簡単にお売りいただけます。お客様のご都合に合わせて買取が可能です。その際かかる送料・手数料などは一切かかりません。また「おまとめ査定」をご利用いただくことも可能ですし、もし途中でキャンセルしても追加料金はかかりません。買取や買取価格に関する質問・明細書の発行についてもしっかりと対応いたします。ぜひお気軽にご利用をご検討くださいませ。

  • ご近所の方にオススメ!

    店頭買取

    ウレル南浦和店ではお荷物のお持ち込みも受付けております。お車での来店も可能ですので、宅配で送るには大きなお品物などもお気軽に直接お持ちください。ご来店いただいた方には、査定額に+500円させていただいております。
    ※現在、たくさんの査定依頼をいただいておりますため、査定には1〜3日程度のお時間を頂戴しております。その場で査定し、現金をお渡しすることができかねますので、ご了承ください。

  • 東京・埼玉の方

    出張買取

    ウレルでは東京・埼玉エリアを中心に、宅配買取の他にスタッフが直接ご自宅にお伺いしてお品物をお預かりする出張買取も行っております。売りたい品物が宅配買取キットに入りきらないほど多かったり、品物が大きくてご自身で運ぶ事が難しい場合にはぜひお気軽にご相談くださいませ。出張費用は一切かかりません。まずは0120-605-423(受付時間10:00〜18:00)にお電話いただき、詳細と日時をご相談ください。また「売るかどうかはまだ分からないが、とりあえず値段だけ知りたい」といった要望にも柔軟にお応えいたします。
    ※対応エリアは、南浦和店より車で1時間程度の範囲となります。

買取必要なもの本人確認書類だけ!

本人確認書類
運転免許書
パスポート
住民基本台帳カード
健康保険証
外国人登録証明書
在留カード
特別永住証明書
個人番号カード

※18歳未満のお客様の場合は買い取りは行っておりません。
※18歳・19歳のお客様の場合親権者様の同意書又は委任状が必要になります。
※法人のお客様の場合、社名、本店または主たる事務所の所在地と、代表者・担当者の氏名、住所、生年月日を証明 できる書類のご用意をお願いしております。

ダイヤモンド買取について

買取業者の比較をするメリット

ウレルでは「お客様の大切なお品物を1円でも高く買い取りたい」という強い想いから、鑑定士のスキルアップ、より高く売れる販路開拓、そして社内で削減した経費を買取価格に還元する取り組みを続けてきました。そしてようやくお客様に喜んでいただける「高額買取」を実現することができました。そのため他店に負けない買取価格を提示できる自信がございます。ぜひ他店での買取査定とお比べいただき、その差を体感していただき、ご納得いただいた上で買取いただければと思っております。しかし、私たちはまだ今の現状に決して満足しておりません。私たちは「お笑い査定」という独自のスタイルで「高額買取以上の喜び」をお客様に提供できるよう、そしてWin-Winの関係を築いていくために、これからも努力し続けていきたいと思っております。

ダイヤモンドについて

はじめに

ダイヤモンドは宝石の王様と呼ばれるほど世界中で愛されている宝石です。指輪やネックレスなど、様々なジュエリーで使われていて4月の誕生石としても有名です。そのダイヤモンドを当店ではジュエリー、裸石問わず高価買取致します。ぜひ、お持ちになっているダイヤモンドがございましたらウレルをご利用ください。

ダイヤモンドについて

ダイヤモンドはギリシャ語で、「征服し得ない、屈しない」という意味に由来します。日本語名では金剛石とも言われ、天然の石の中で最も固い物質です。またその固さからジュエリーなどの他に研磨剤にも使用されることが多いです。ダイヤモンドは炭素の結晶であり、原子の構造上電気を通さない鉱物です。ダイヤモンドは採掘された状態では宝石としての価値はあまりありません。原石は白く濁っているので、原石を研磨しカットして初めて本来の輝きを生み出すことが出来るのです。ダイヤモンドが発見されたのは紀元前7~8世紀頃のインドだといわれています。研磨が出来なかった当時ではダイヤモンドは宝石の価値はないに等しく、ただ硬い石として川辺などに転がっていたといわれています。そして15世紀のベルギーでダイヤモンドをダイヤモンドで研磨するという方法が編み出され、初めて価値のある宝石になりました。その後、ブラジル、南アフリカ、オーストラリアとダイヤモンドが発掘されていきました。1905年には南アフリカで3106カラットの世界最大のダイヤモンドの原石が発掘され話題になりました。今でもその輝きが発する魅力は衰えず、人々を魅了しています。

ダイヤモンドの性質

ダイヤモンドは最も固い宝石として有名ではありますが、実は脆い石というのはあまり知られていません。ダイヤモンドの硬さはモース硬度と呼ばれる、物体のこすり合わせた場合の硬度で最高硬度ではあります。これはあくまでこすり合わせた場合の硬度なので、ハンマーなどで叩くなど圧力を加えればすればすぐ割れます。こういった圧力に関しての硬度ならばルビーなどの石のほうがずっと高いのです。しかしダイヤモンドの物質の安定性はとても高いです。例えば鉄は丈夫ですが、酸素と反応して錆びたり溶けたりします。しかしダイヤモンドは酸に溶けることはなく、日光に当たったり酸素が高くなっても変質することはありません。ダイヤモンドは非常に長い間変質することはないので、長く持ち続けることが可能な宝石です。ただし、ダイヤモンドを扱う際に注意してほしいのが油の存在です。よくダイヤモンドを触る時に鑑定士が白い手袋とピンセットを使うのを見たことある方もいると思いますが、それは指の油をダイヤモンドに付着させないための工夫です。ダイヤモンドは油と非常に相性がよく、素手で触ってしまうと指とくっついてしまします。安定性は抜群なので、少し触った程度ではダイヤモンドは劣化しませんが、時間がたつと油が落ちにくくなり台座の素材を痛める可能性があります。ですので、ダイヤモンドを触る際はなるべく素手で触らないようにするのが、長持ちの秘訣です。

ダイヤモンドの産地

ダイヤモンドはマントル起源の火成岩であるキンバーライトという鉱物に含まれています。地表深くに炭素の塊が山の噴火などの要因によって、急激な速さで地表付近まで近づいていきます。その際の急激な圧力によって鉱石の一部が透き通った鉱石になり、これがダイヤモンドと呼ばれているのです。そのような経緯で出来上がる鉱石なので、産出場所はキンバーライトのある地域に限られています。またキンバーライトが産出される地域でもダイヤモンドが発掘される可能性は低く、キンバーライト5000トンを掘り起こした場合に産出されるダイヤモンドは1kg。確率にして2000万分の1という低確率になります。2004年時点のダイヤモンドの総産出量は全世界で30トンと言われており、上位6か国で世界シェアの90%を占めています。1位はロシアで、その下はボツワナ、コンゴ民主共和国、オーストラリア、南アフリカ、カナダの順になります。この中で特に注目されているのがボツワナです。1967年に独立した新しい国ではありますが、独立直後にダイヤモンドが発掘されて以来、国の経済を支える重要な資源となっています。また2015年には1111カラット、過去2番目の大きさのダイヤモンドが発見され、益々注目を浴びている国でもあります。

ダイヤモンド界の主、デビアス

デビアスとは、ダイヤモンドの販売業者です。しかし、その規模は超巨大で、ダイヤモンド界の主とも呼ばれています。ただの1企業がダイヤモンドの流通の大半を握っているのです。その経済力は国を上回るとも言われ、実際にイスラエルとダイヤモンドの流通でぶつかり勝利してしまいました。デビウスの誕生は18世紀半ばまで遡ります。当時、ダイヤモンドの生産量が減ってきて資源に陰りが見え始めたころ、南アフリカで大規模なダイヤモンド鉱山が発見されました。鉱山の発見によって発掘量、生産量は増えていきました。しかし反比例するかのようにダイヤモンドの持つ希少性の低下、価格が下がり続けていきました。その価格の暴落を止め、安定させたのが、セシル・ローズが創業したデビアス社でした。デビアス社はすべてのダイヤモンドの原石を集めていきました。つまり独占を行ったのです。次々と鉱山の買収を行い、当時全流通量の90%がデビアス社の支配下という異様な状況になりました。後に大型鉱山の発見なので、40%台までに低下はしましたが、それでも価格統制、出荷統制を操るには充分すぎる割合でした。後にデビアス社は全ての鉱山を押さえることは不可能と分かり、「ダイヤモンド生産者組合」を立ち上げました。そこで多すぎる生産は価格を下落させる危険があるとして、生産量の調整について話し合いました。さらに生産されたダイヤは全て「ダイヤモンド貿易会社」が買い上げ、そのダイヤモンドは全て「中央販売機構」という組織が販売するというシステムを作り上げました。つまり、ダイヤモンドの売買は全てデビアス社を通す仕組みを作ったのです。一般的に見たら酷い仕組みかもしれませんが、デビアス社の統制と保障があって今日までダイヤモンドの価格を維持できているとも言えるのです。もしデビアス社がこの仕組みを解体したら、生産量の調整が出来なくなり、大量のダイヤモンドが採掘されます。そして起こるのは価格の暴落であり、ダイヤモンド自体の価値がなくなってしまう可能性があるのです。デビアス社は近年、自分のブランドのジュエリーショップを開店しました。これからもダイヤモンド界の主はその規模を大きくしていくことでしょう。

呪われた宝石、ホープダイヤモンド

呪われたダイヤモンドと呼ばれている宝石があります。それはホープダイヤモンドと呼ばれるブルーダイヤモンドです。ダイヤモンドの中では特殊な石で紫外線を当てると1分以上にわたって赤い光を発します。発光するダイヤモンドは珍しくはありませんが、赤い光で1分以上も光り続けるというのは極めて珍しく、未だに原理が分かっていません。また青い色の秘密は石に含まれているホウ素が原因と分かっていますが、ダイヤモンドが形成される地中深くにはホウ素がほとんど存在していません。なぜダイヤモンドの生成時にホウ素が含まれたのかも謎となっています。45.50カラットの世界最大のブルーダイヤモンドでもあり、200億円の価値があるとも言われています。このダイヤモンドが発見されたのは9世紀のインドで農夫がデカン高原の川で発見したと言われています。しかしその後農夫はペルシャ軍に襲われダイヤを持っていた腕ごと切り落とされて、ダイヤは奪われ行方が分からなくなります。そして17世紀に入り、フランス人がインドの寺院にあったホープダイヤを購入しフランス王のルイ14世に売却をしました。ダイヤはフランス王室に代々受け継がれていくことになり、ルイ16世の時代には后であるマリーアントワネットが所有していました。その後フランス革命でルイ16世とマリーアントワネットは処刑されます。その際の混乱に乗じて窃盗団がダイヤを盗み、オランダ、イギリスと所有者を変えていきます。オランダの彫金師が所有していた際は、ダイヤを息子に盗まれた後に2人とも亡くなりました。19世紀にはイギリスの銀行家、ヘンリー・ホープがオークションにてダイヤを落札。しかし彼が亡くなった後にホープ家は破産、また所有者を転々と変えていき、1949年にニューヨークの宝石商ハリー・ウィンストンの手に渡り、スミソニアン博物館に寄贈されました。この話には着色もあるという意見もありますが、そのような話が出来るくらい魅力的なダイヤであるとも言えるでしょう。

紛争を呼ぶダイヤモンド

ブラッド・ダイヤモンド、別名「紛争ダイヤモンド」と呼ばれているダイヤモンドがあります。ブラッド・ダイヤモンドはダイヤモンドの主産出国で、反政府軍の手によって採掘されたダイヤモンドの原石です。なぜそれがブラッド・ダイヤモンドと呼ばれているのか。反政府軍がダイヤモンドを販売し、手に入れた外貨で武器を購入し、紛争は激化し長期化していくことからこの名が付きました。このブラッド・ダイヤモンドを題材にした映画もあり、この問題は表面化していており、注目されていると言えるでしょう。こうしたブラッド・ダイヤモンドを廃絶するために、2000年には南アフリカのキンバリーで国家間の会議が行われました。通称キンバリー・プロセスと呼ばれるこの会議では、ブラッド・ダイヤモンドは根絶することで一致しました。日本もこの会議に出席しており同意しました。具体的にはダイヤモンドの原石からジュエリーになるまでの流通間で、「このダイヤモンドは、ブラッド・ダイヤモンドとは無関係である」という一文を明記し、保障することが参加国間で義務付けられました。2003年で42か国とEU諸国が町名、さらに10か国近くが参加を表明しました。しかし、参加国のガーナでブラッド・ダイヤモンドが混入していたなど、まだまだ足並みが揃っていないことも事実です。日本では、この会議の後ブラッド・ダイヤモンドはほぼ無くなり駆逐に成功したとされています。しかし、ブラッド・ダイヤモンドを全て無くすのは難しく中にはこっそり売られている場合があります。ダイヤモンドを日本で購入された場合は大丈夫ですが、海外で購入する場合は少し注意が必要です。

ダイヤモンドのカラーについて

一般的に流通しているダイヤモンドは無色透明なものがほとんどですが、実はダイヤモンドには様々な色がありますイエロー、ピンク、レッド、ブルー、グリーンなど大まかに分類すると16種類ほどあります。なぜこのように様々な色のダイヤが存在するのには理由があります。ダイヤの結晶構造が炭素100%の場合に無色なものが出来上がります。しかしダイヤが生成される段階で不純物が混じればダイヤに色が付きます。イエローダイヤは炭素の中に窒素が混ざった結果、黄色く見えます。グリーンは放射性鉱物などの照射によって、ピンクは結晶構造の歪みが原因と言われていますが、詳しいことはまだ分かっていません。中にはカメレオンダイヤモンドと呼ばれる一定条件下で色が変わるダイヤモンドもあります。カラーダイヤモンドの中で比較的に安価で購入出来る色はブラック、イエローなどです。通常の無色透明のダイヤモンドが1カラット70万円前後なのに対し、イエローは20万程度、ブラックは2万円程度で購入可能です。逆に最も価値のあるカラーダイヤモンドと言えば、レッドダイヤモンドになります。レッドダイヤモンドはそのあまりの希少性故に一般の市場に出回ることはまずありません。その価格は通常のダイヤモンドと比べ物にならないほど高価になり、1カラットで数億円とも言われています。様々な色、様々な価格のダイヤモンドがございますが、どの色も表情があり見る人を楽しませてくれるでしょう。

ダイヤモンドの評価基準

ダイヤモンドの価値を決めるのは希少性と品質です。品質は主に4Cと呼ばれる評価基準があります。4Cとは、カラット(重さ)・クラリティ(透明度)・カラー(色)・カット(仕上げ)の4つの評価のことで、4Cの評価が高ければ高いほど高品質ということになります。特に日本人に馴染みがあるのはカラットです。よくテレビの通販番組などで、強調されるカラットですが、4Cの中ではそこまで重要視されていません。単純な重さの希少性となるとよほどの重さでは無い限り希少性があるとは見なされないからです。重さの単位のように使われているカラットですが、1カラット0.2グラムとされています。それからさらに1.25カラットと言ったように小数点第二位程度まで細かく表示されます。カラットによる価値は0.25カラットを境に、それ以上のものをメレンジ、それ以下をメレーと呼び区分けしています。メレーのようなサイズとなりますと、単体で使われることはほとんどなくメインのダイヤの引き立て役として使われることが多いです。クラリティはダイヤモンドの透明度を示すものですが、実際はダイヤモンド内に内包物が無いか、外観に傷は無いかなどを重要視します。単純に重さを計るカラットと違い、かなり細かな鑑定が必要になります。鑑定書には傷の位置、内包物があった場合どの程度目立つのかなどが記載されます。クラリティのグレードは大きく分けて5つあり、FLが最上級とされています。このグレードとなると10倍のルーペで見ても内包物が見当たらないほどの透明感を持ち価格も高くなります。逆に普通に見ただけで内包物が見えるIのグレードとなると宝石としての価値は無くなり研磨などに使用されます。ダイヤモンドは通常透明と思われていますが、不純物によって色が付く場合があります。そうなると大抵は黄色になり価値が下がります。カラーのグレードはDから始まりZまであります。Dに近いほど白く透明でZに近いほど黄色に近づいていきます。D~Fは一級品と扱われ価値が高いですがGを下回ると価値がぐっと下がってしまいます。これはFとGでは肉眼ではっきり差が分かる境界であるからです。基本的に資産価値があるダイヤモンドはFから上となっています。カットはダイヤモンドの原石を宝石へ変化させる工程からの仕上げを評価したものです。4Cの中で唯一人間の手が加わるところであり、職人技の評価とも言えます。カットの仕方によって輝きが激変するので、カット次第では価格に雲泥の差が出てきます。カットの評価は大雑把に分けて5段階あり、上からExcellent、Very Good、Good、Medium、poorとなります。ダイヤモンドの価値はこの4Cを総合的に見て決められます。4Cのうち一つだけ評価が高くても意味がありません。しかし、例えば普通ではありえない大きさであったり、透明度が抜群であった場合はその希少価値が認められる場合があります。今まで紹介した4Cの基準は国際基準ではありますが、鑑定書を発行する団体や機関によって細部は変わっていきます。日本ではGIA基準という基準で評価していることが多いようです。

ダイヤモンドのカットについて

4C基準の中で唯一人が手を加えるカット。実はこのカットの種類は30種類前後あり、職人のオリジナルカットなどを加えればさらに増えます。ダイヤモンドのカットの中でよく使われるものは、ラウンド・ブリリアントカットの58面体カットです。このカットが最も強い輝きを得ることが出来ると言われています。そしてこのカットの理想プロモーションというものがあり、カットの角度やカット幅などが明確に決まっています。そのプロモーションにどこまで近づけるかがカットのグレードの差になっているのです。そしてExcellentのグレードで一部のダイヤモンドにしか現れない輝きがあり、それはハート&キューピットと呼ばれる輝きです。光を当てると、表側は8本の矢の如く輝き、裏側は8個のハート型に輝くのです。もちろん、ダイヤモンドのカットにはハートや矢の形は存在しません。ダイヤのカットが複合されて出来る形で、カットの中では最上級のものになります。Excellentのグレードでも中々お目にかかれないほど貴重なカットです。

ダイヤモンドを輝かせる世界三大カッター

世界でダイヤモンドのカットを請け負う機関はいくつもありますが、その中でも特に優れたカットを行う世界3大カッターというものが存在します。ロイヤル・アッシャー、ラザール、モニッケンダムの3つです。ロイヤル・アッシャーは世界で唯一、「ロイヤル」の称号を持つブランドで、1854年創業の老舗ブランドです。オランダのユリアナ女王よりロイヤルの称号を授けられ、世界中の王室・皇室から称賛されています。「エメラルド・カット」「ロイヤル・アッシャー・カット」など独自のカットを生み出し、他社の追随を許しません。最近では、通常の58面カットより16面多い、74面カットを生み出しさらなる進化を続けています。ラザールは、元々3Cだった評価基準にカットを加えて4C基準を生み出したブランドです。世界で初めてのダイヤモンドブランドでもあり、ニューヨークに本店があります。昔からブラッド・ダイヤモンドを使用しないお店としても評判です。ラザールは数学的な観点で研磨方法を開発し、科学的な根拠からその輝きを計算していると言われ、そのカッティングは世界で最も美しい。と評判です。モニッケンダムは、イギリスで120年の歴史を持つブランドです。サークル・オブ・ラスターと呼ばれる研磨技術を編み出したブランドとしても知られています。その研磨技術は凄まじく、直径1mmにも満たない極小ダイヤモンドに58面カットを施すほどの技術を持っています。ダイヤモンドと会話をしてカットをしていると呼ばれた、ダイヤモンド業界の巨匠、ガビ・S・トルコフスキーが在籍しているブランドでもあり、唯一無二の輝きを生み出しています。

ダイヤモンドジュエリーの爪

ジュエリーの中でダイヤモンドは一番人気の宝石です。リングやネックレスの場合、素材はゴールドやプラチナを使われることが多く、ダイヤモンドを引き立てるためにシルバーの色をしているものが一般的です。ダイヤモンドをジュエリーに埋め込む際に重要視されるのは、ダイヤモンドを固定する爪の本数です。爪の本数は2、4、6、8本などでその中では6本の爪のものが多く流通しています。爪が多いと安定性があり、少しの衝撃では外れません。しかし爪が多い分ダイヤモンド本来の美しさが減少し爪が目立ってしまいます。逆に爪が少ない場合は、爪への印象が浅くダイヤモンドを引き立ててくれます。しかし爪が2本では安定性がなく、ぶつけただけで石が外れるなどの欠点もあります。どちらにもメリットとデメリットがありますので第一印象で気に入ったものを選ぶのが大事です。

結婚指輪と婚約指輪の違い

婚約指輪としてダイヤモンドがあしらわれている指輪を貰うことは女性にとっての一つの夢では無いでしょうか。しかし実は婚約指輪と結婚指輪の違いを知っている男性は案外少ないようです。婚約指輪は結婚の約束をする際に渡されるものです。男性が女性にプロポーズする際に、婚約の証として贈るのが一般的です。記念ものとしての存在意義から、ダイヤモンドなどの高価で特別感のある指輪を贈ることが多いそうです。他には、ダイヤモンドが用いられる理由としては、ダイヤモンドは非常に固い石なので、固い絆で結ばれるなどの意味合いもあります。また、デザインもパーティーや式典などで映えるように華やかなデザインになっています。一方、結婚指輪は婚約指輪とは違いペアリングです。結婚式において二人の誓いの証として交わされるものになります。夫婦になった後も日常的に身に着けて生活することを前提とするので、派手さはなくシンプルなデザインのものが一般的になっております。結婚指輪と婚約指輪では金額にも多少の違いが出てきます。昔は婚約指輪は給料の三か月分と言われ、高額なものが贈られることが多かったのですが、今の相場は平均して20~40万円と昔ほど高額では無くなりました。結婚指輪は婚約指輪よりも安く、一つ10万円前後、ペアで10~30万円が相場となります。婚約指輪はあくまで相場なので、ダイヤモンドの品質やデザインによって変わっていきます。

ダイヤモンド本物と偽物の違い

ダイヤモンドはその人気から非常に多くの偽物が市場に出回っています。1950年代半ばまで市場におけるダイヤモンドは天然物のみでした。その状況を変えたのが1953年に実現した「HPHT」と「CVD」と呼ばれるダイヤモンドの合成法です。HPHTは地下深くの高温高圧の環境を再現し人工ダイヤを合成法で、CVDは炭化水素の混合による合成法になります。人工のダイヤモンドのほとんどがこの二つの合成法によって作られたものです。合成ダイヤモンドは、基本的に天然のダイヤモンドと大きな違いはありません。むしろ硬度や熱伝導性などは天然ものより優れています。さらに人工ダイヤモンドは天然ダイヤモンドよりかなり安価で手に入れることが出来ます。天然ダイヤモンドの価格の50分の1から100分の1程度となります。人工ダイヤモンドは天然ダイヤモンドとの違いはほとんど無く、プロでも見分けるのがかなり困難です。人工ダイヤモンドが市場に出回れば天然ダイヤモンドの価格は暴落してしまいます。それを避けるために人工ダイヤモンドを製造する段階で、わざと不純物を混ぜて透明度を下げています。また、人工ダイヤモンドには鑑定書が存在しないので、その点も天然ダイヤモンドとの違いになります。また、人工ダイヤモンドとは違い、ガラス製のダイヤモンドの偽物があります。キュービックジルコニアと呼ばれる人造宝石で、偽物のダイヤモンドのほとんどがこれです。価格は1カラット100円前後と非常に安価です。ダイヤモンドと同程度の屈折率を持ち、様々な色を作れるので市場に広く普及しています。記載される場合はCZやCZダイヤモンドと表記されネット等でよく見かけることがあります。一般の方には見分けることが少し難しく、先述のような表記のせいで偽物を購入する方が多いのが現状です。近年ではジルコニアをダイヤモンドと思わせるような広告などは禁止になりつつあります。ジルコニアとダイヤモンドの違いはその輝きです。ジルコニアの輝きはダイヤモンドよりも強く、不自然なほど輝いています。また少しの光源で光るダイヤモンドと違い、ジルコニアは十分な光源が無ければ輝きを見せてくれません。このようにジルコニアとダイヤモンドを見分けるポイントはあるのですが、近年「スーパーキュービックジルコニア」と呼ばれるものが市場に出るようになりました。これは鑑定のプロでも一目見ただけでは見分けがつかないほどの精巧に作られたジルコニアで、専門の測定機器を使わないと鑑定できません。人工ダイヤモンドと違い、透明度が高いので見るだけで判断するのが非常に難しいと言えます。ウレルではそのようなお客様に対応できるように専門の測定機器を導入し、鑑定をさせて頂いています。お持ちになっているもので本物か偽物か分からないものがある。というお客様は是非、当店にご来店ください。迅速丁寧に鑑定致します。

ダイヤモンドの買取・相場について

ダイヤモンドの買取相場は、ドルと円の為替と4C基準によって大きく変わっていきます。円高なら安い買取になり円安なら高い買取になります。同ランクのカラット数でグレードの違いがあれば、グレードの高いほうが買取金額は上です。また、世界3大カッターによるダイヤモンドであれば、4Cのそれ以外の基準が同じでも数倍価格が変わっていきます。例えば1カラットダイヤモンドで他の4C基準も宝石としての最低限の評価だった場合買取相場は5~8万円ほどですが、逆に評価が最高だった場合90~100万円前後まで跳ね上がります。グレードについては鑑定書があればそれで確認ができます。もし、鑑定書がない場合でも当店の凄腕の鑑定士が査定を担当致しますので、是非当店へお持ち込みください。もし、お持ち込みが難しいなどの事情がございましたら出張買取などもサービスで行っていますので、活用いただければと思います。

まとめ

ダイヤモンドは世界的にも人気のある宝石です。デビアスが存在する限りは価格の暴落するという心配はありません。しかしデビアスが倒産してしまうという可能性も0ではありません。例えばデビアスが急に倒産した場合、市場のコントロールをするものがいなくなります。いずれコントロールする組織が現れるでしょうが、その後の相場が今迄通りという保証もありません。もし、お持ちのダイヤモンドで不要になったものがございましたら、価格の暴落が起きる前に是非当店へお売りください。必ずご満足いただけるような査定金額をお出し致します。

> 宝石 > ルース・ジュエリー > ダイヤモンド