発電機の買取おすすめ9選人気ランキング重機・建機買取業者
おすすめ9選
人気ランキング

重機・建機は買取業者に買い取ってもらうのがおすすめ!

重機・建機は買取業者に買い取ってもらうのがおすすめ!
日々の業務に欠かせない重機・建機は、毎日ハードに使用するものだけに部品の消耗も激しく、修理費用も高額になりがちです。そのため、買って数年程度で買い替えるユーザーが多くなっています。古い重機・建機を処分する手段はいろいろありますが、最もおトクで楽なのはどんなやり方かご存知ですか?それは、重機・建機の買取専門業者に買い取ってもらう方法です。おトクな理由やおすすめの業者を一気にご紹介します!

口コミ評判第1位のショップを見る

重機・建機の買取についてabout heav-machine

重機・建機を売るならフリマやオークションより専門業者がおすすめ
家庭内の不用品をフリマアプリやネットオークションで売ってお金に替えることも珍しくなくなった昨今、重機や建機を出品する方もなかにはいるようです。しかし、大型かつ高額なものだけに、個人間の取引にはなにかと不安が付きまといますし、輸送費用もかさみがちです。やはり、重機・建機に詳しい専門業者に依頼するほうが、安心感や買取額・取引のスムーズさなどあらゆる面でメリットが多くおすすめです。
例えばランキング1位の工具男子なら、重機・建機の出張買取が可能です。不要なミニユンボを他の工具とまとめて80,000円で買い取ってもらえた例も!ほかにもクレーンやショベル、ブルドーザー、ダンプなど数多くの重機・建機が買取対象になっています。
買取相場と高く買い取ってもらう方法
人気メーカー・人気機種であるほど高い買取価格が期待できます。例えば、コマツの油圧ショベルPC120-11が8,520,000円、CATのホイルローダ902C2が4,379,000円という買取事例があります。アタッチメントや付属品を揃えておく、可能な限り綺麗に清掃しておくこともより高く買い取ってもらうためのポイントです。

重機・建機の買取店ランキングheavy-machine ranking

工具男子

工具男子

買取方法
出張買取
公式サイト
https://electrictoolboy.com/buy/
査定金額例

キャタピラー(CAT)油圧ショベル 311F L RR

6,996,000

送料

査定・出張無料

特徴

電動工具だけでなく、建機・重機の買取も行っている工具男子。スタッフは建機・重機の知識豊富で、人気のメーカー・機種や市場動向などを踏まえた査定を行っています。そのため利用者の満足度が高く、リピーターも多くなっています。遠方の場合でも出張料や輸送料などの費用は一切かからないというのも大きな魅力です。

コマツ・キャタピラー(CAT)・日立建機といった主要メーカーのもの、状態の良いもの、年式の新しいもの、駆動時間の短いもの、オプションやアタッチメントが揃っているものなどは特に高額査定に繋がりやすくなっています。

また、古いもの、動かないものでも買取可能です。30年以上前の古い油圧ショベルに意外な高値が付いたケースもあります。査定は無料なので、ぜひ一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

口コミ
  • 「油圧ショベルやトレーラーなどに加え、釘打機やハンマーなど小さなものもまとめて売りました。ベテランの方に査定していただき、納得のいく額でスムーズに取引できました。」

関東トラック販売

関東トラック販売

買取方法
出張買取
公式サイト
https://www.kanto-truck.com/
査定金額例

三菱ふそう BDG-FS54JZ年式: H20 セルフローダー

1,100万

送料

査定・出張無料

特徴

関東圏を中心に人気の高い業者です。名前の通りトラックをメインに扱っていますが、ダンプ、ミキサー、タンク、コンクリート作業車など商業車両全般も買取可能です。関東以外でも日本全国で完全無料査定が可能なので、交通手段の限られる郊外でも安心して申し込むことができます。
他社では買取不可のケースも多い過走行・低年式の古い車両でも、ほとんどの場合買取OKです。自社で整備・修理可能なうえ、パーツのみでの流通ルートを持っている点が大きな強みになっています。
重機・建機の売却にあたっては名義変更など諸々の書類手続きが必要です。不慣れな方にとっては不安がつきものですが、スタッフがわかりやすく説明してくれてスムーズに終えられたと利用者から好評の声が多く聞かれます。

口コミ
  • 「周囲で知名度が高かったためお願いしました。電話や対面時の対応が明るく丁寧で、スピーディーに査定してもらえました。査定額にも概ね満足です。」

ぐっトラックシマ

ぐっトラックシマ

買取方法
出張買取
公式サイト
https://shima-truck.com/
査定金額例

いすゞ 810 U-CXZ71JD ダンプ 走行距離:58.2万㎞

185万

送料

(サイトに記載なし)

特徴

北海道・宮城・福島に店舗を持つ買取販売店です。販売ルートは北海道から沖縄まで日本全国に広がるほか、世界60カ国160地域にもネットワークを持っています。各地での人気車種などの情報を広く把握し、最も高く売れるエリアで販売するため、高価での買取が可能となっています。
店名の通りトラックを中心に扱い、クレーン付き・ダンプ・ローダーなど各種の車種に対応しています。
社内に「シマイスター制度」と呼ばれる独自の資格制度を設け、トラック・建機・乗用車の部門別に、査定力・商品知識・提案力の3方面からスタッフのスキルアップを促しています。上位資格を目指して日々研鑽することが利用者の満足につながっているようです。

口コミ
  • 「引き取ってもらえるだけでありがたいと思うような車両でしたが、思いがけず良い値段をつけてもらい感謝しています。スタッフの方の対応も親切でした。」

HOWA

HOWA

買取方法
出張買取
公式サイト
http://www.howa-satei.com/
査定金額例

クレーン車 平成13年製 加藤製作所 KC-KG530TN

2,260万

送料

査定・出張無料

特徴

トラックのほか、バス・フォークリフト・油圧ショベル・ホイルローダーなど、エンジンを乗せているものは全て買取り対象です。故障車、事故車、廃車寸前のものなども買取できるので、処分に困っている車両がある場合はぜひ相談してみてはいかがでしょうか。
重機・建機は山間部など不便な場所に置いてあるケースも多いですが、どこでも無料で来てもらえるので自分で移動させる必要がありません。離島でもOKというのは助かりますね。
買取成立した場合、即日現金引き渡しも可能です。何かと手間のかかる書類手続きの代行もOKなので、急いで売りたい方、取引にあまり時間をかけたくない方にとって大きなメリットです。

口コミ
  • 「現場で車両が故障し、修理にも移動にも費用がかかるのでどうしようかと思っていましたが、現場まで無料で出張していただき、翌日には引き取ってもらえて非常に助かりました。」

トラックファイブ

トラックファイブ

買取方法
出張買取
公式サイト
https://www.truck-five.com/
査定金額例

いすゞ ギガ 平成12年 754,791km

250万

送料

査定・出張無料

特徴

「トラックファイブ」の名前の通りトラックの買取をメインにしていますが、油圧ショベル・フォークリフト・ホイールローダー・ブルドーザーといった重機・建機の買取も可能です。また、バスや農機具(トラクター等)も扱っているので、いろいろな車両をまとめて売却したいという方にもおすすめです。
買取累計約500億円突破と、トラック買取業者としてトップクラスの規模を誇ります。全国8箇所に拠点を持ち、コールセンターは約150名体制となっており、電話対応や査定など対応がスピーディーな点が特徴です。査定は電話・FAX・メールのほか、LINEでも受け付けています。
リース中のもの、ローンが残っているものでもOKです。査定は無料なので、売れるかどうか心配な場合はぜひ気軽に相談してみましょう。

口コミ
  • 「不要なフォークリフトを売却しました。満足の行く買取額で、すぐに引き取りに来てもらえたのも良かったです。」

建機高く売れる.com

建機高く売れる.com

買取方法
出張査定
公式サイト
https://www.kenki-takakuureru.com/
査定金額例

コマツ ミニユンボ PC-20

400,000

送料

査定・出張無料

特徴

全国10箇所にリユースセンターを置いており、山間部など不便な場所であっても全国どこでも対応可能です。
油圧ショベル、ユンボ、フォークリフト、ロードローラーなどの建機専門の業者で、専門知識をもったスタッフが対応するため納得のいく買取額になりやすいのが大きな魅力です。特に、知名度の高い人気メーカーのものなら高額査定が期待できます。
使っていないけれど廃車にするにも費用がかかるので放置している、という重機・建機も、思いがけない価格で買い取ってもらえる可能性があります。査定料・出張費用・引き取り(陸送)費用など負担は一切かからないので、ぜひ相談してみてはいかがでしょうか。

口コミ
  • 「パワーショベルが必要なくなったので売却しました。スタッフの方が感じ良く対応してくれて、買取額もまずまずでした。」

建機買取屋.コム

建機買取屋.コム

買取方法
出張買取
公式サイト
https://www.kenkiya.com/
査定金額例

コマツ ホイールローダー WA320-6 2008年式 15,568時間稼働

390万

送料

査定・出張無料

特徴

査定後の成約率91.8%という実績を持つ建機買取屋.コム。リピート率が高いこと、口コミによる利用が多いことなどから信頼されて選ばれていることが伺えます。
ユンボを始めとした重機・建機の買取に強みを持ち、査定額が高いことに加えて対応がスピーディーなことも魅力のひとつです。ユンボ以外にも、クレーン・パワーショベル・ホイールローダー・コンバインドローラー・ブルドーザーなど幅広く扱い、動かないものでもOKです。
車体につけられた社名や屋号・ロゴなどは削除してくれるので、プライバシーが守られて安心です。再販売する際地元周辺は避けてほしいといった要望にも対応可能です。
なお、専門業者のため重機・建機以外の買取には対応していません。

口コミ
  • 「概算査定の金額と実際の見積額がほとんど変わりませんでした。さすが重機専門業者です。」

キントラ

キントラ

買取方法
出張買取
公式サイト
https://www.kinki-truck.com/
査定金額例

カトウ ホイール・クレーン JDS-KRC005 H24年式

2,484万

送料

査定・出張無料

特徴

キントラ(旧称:近畿トラック販売)は、近畿圏を中心に中古トラック・中古バス・中古重機の買取・販売を行っています。現在、ダンプ・油圧ショベル・重機運搬車の買取を強化中ですが、他にもタンクや塵芥車・コンテナ専用車など聖教車両全般を広く扱っています。
買取業者というと、一度問い合わせるとしつこく営業電話がかかってくるのではという心配をされる方も多いですが、キントラではそういったことは一切行っていないので安心して問い合わせることができます。
業界最高レベルの広大なショールームを持ち、インターネット販売にも力を入れているため、中間マージンがかからないのが大きな特徴です。これにより、高額買取が可能になっています。

口コミ
  • 「かなりの田舎なのですが、問い合わせ後すぐに来てもらえて驚きました。」

建機・重機買取ドットコム

建機・重機買取ドットコム

買取方法
出張買取
公式サイト
http://www.kaitori-ace.com/
査定金額例

掲載なし

送料

査定・出張無料

特徴

建機・重機専門のエースファクトリーグループの買取サービスです。直販のほか、国内のオークション、海外輸出、他社への業販などさまざまなルートを持つため、専門スタッフによる判断で高額買取が可能です。
成約の場合は即時現金で買い取ってもらえるため、急いで売却したいユーザーからも好評です。
複数の建機・重機をまとめて売る場合、個別に売る場合よりも査定額がアップするケースもあります。売りたいものが複数ある場合はぜひ相談してみましょう。
まだ現場で使用中の建機を終わり次第手放したい、というケースだと他社では正確な見積額が出ないことが多いですが、こちらでは対応可能です。さまざまなケースへの柔軟な対応が魅力のひとつになっています。

口コミ
  • 「とりあえずお金をかけずに処分したいと思い、買取額はタダ同然を覚悟していましたが、思いがけない高値になり驚きました。」

買取業者を選ぶコツpoint

選ぶコツ書類手続きをしてくれる

乗用車を売却するときと同様、重機・建機の売却にあたっても移転登録の手続きが必要です。移転登録とはいわゆる名義変更のことで、さまざまな書類が必要なうえ、運輸支局等の窓口に出向く必要もあります。忙しい日々の中、こういった手続きに時間を割くのはやはり負担が大きいもの。一連の書類手続きを代行してくれる業者だと、手間や時間が節約できて助かります。

選ぶコツ出張査定をしてくれる、輸送費用がかからない

重機・建機は輸送にも大きなコストがかかります。そのため、売ったらいくらくらいになるか知りたいと思っても、電動工具など小型のものを売るときのように気軽に買取店に持っていくことができません。指定の場所まで出張査定をしてくれる買取業者なら、気軽に見積をお願いできますね。また、実際に買い取ってもらう際の輸送費用がかからないというのも重要なポイントです。

選ぶコツ法人との取引に慣れている、秘密を守ってくれる

買取業者のなかには、個人からの買取が中心で、法人との取引経験があまりない業者もあります。スムーズかつスピーディーに取引を進めるためには、法人との取引に慣れている業者の方が安心です。また、さまざまな事情で重機・建機を売るにあたって、売ることを第三者に知られたくないというケースもなかにはあるのではないでしょうか。きちんと秘密を守ってくれる信頼できる業者を選びたいですね。

口コミ評判第1位のショップを見る

重機・建機を高く売る方法how to

1日でも早く売る+決算期
(1〜3月)を意識する

重機・建機に限った話ではありませんが、中古市場では型落ち品は価格が大幅に下がります。そのため、新モデルが出る前に1日でも早く売るのが賢明です。忙しい毎日のなか、不用品の処分はついつい後回しにしてしまいがちですが、もう少し早く動いていればもっと良い値段がついたのに…となってしまってはもったいないですよね。ぜひ、早め早めの行動をおすすめします。
また、多くの企業で決算期にあたる1月から3月は、中古市場の動きが非常に活発になります。この時期は買取業者も中古の重機・建機の確保に積極的になるため、売り手としては有利になる可能性が高まります。売るタイミングを考える上で意識したいポイントのひとつです。

不要になるアタッチメントや
パーツも一緒に査定に出す

売ろうと思っている重機・建機にアタッチメントやオプションパーツがある場合、ぜひ本体と一緒に査定に出しましょう。これらは単独でも買い取ってもらうことができますが、適合する重機・建機とセットで出したほうが査定のうえでプラスになりやすいです。業者としても、単品より本体とアタッチメント・パーツがセットになっているほうが次のユーザーに売りやすく好都合ということですね。アタッチメントだけを手元に残しておく理由も特にありませんし、売るときはぜひ本体のほかにアタッチメント・パーツもあることを業者に伝えましょう。

エンジンがかかるかどうか、
駆動時間を確認しておく

買取にあたっては、きちんと動作するもの、これまでの駆動時間が短いものほど高評価です。故障しているもの・動作しないものでも買取可能な業者もありますが、査定のためには状態を正しく申告することが大切です。買取業者のWebサイトでは機種ごとに買取価格例を紹介していることが多いですが、ほとんどの場合は動作不良がなく新品に近い状態だった場合の価格です。各業者では重機・建機の状態に応じて買取価格を見積もるので、買取を申し込む際はエンジンがかかるかどうか、アワーメーターの表示はいくつかという点を確認しておきましょう。

付属の書類、純正パーツ、付属品を揃えておく

重機・建機を購入した際に付いていたものはできる限り揃えておきましょう。各種書類や純正パーツ、付属品などがきちんと揃っていたほうが査定の際プラスになります。次に買うユーザーの立場から考えると、なるべく新品を買うときと同じように付属品類が揃っていたほうが嬉しいですよね。アタッチメントを付け替えて使っていたので純正パーツは使わずに別の場所に置いてある、というような場合、ぜひ純正パーツも一緒に査定に出すほうが良いでしょう。

外観や車内を綺麗にしておく

査定スタッフも人間ですから、ぱっと見たときの第一印象は大切です。重機・建機の外観や車内は可能な限り綺麗にしておきましょう。使っていくうちに泥汚れなどはどうしても避けられないものではありますが、汚れっぱなしのままのものとできる範囲で清掃したものではやはり受ける印象はだいぶ異なります。

買取業者としても、清掃の手間をかけないと売りに出せないような重機・建機と、すぐにでも買い手がつきそうな綺麗な重機・建機では評価に差がつくのは自然なことではないでしょうか。

意外と見落としがちなのが車内のタバコ臭です。毎日乗っていると慣れてしまいますが、他者にとっては気になるケースも。消臭剤を何日か置いておくだけで改善できることも多いので、できる範囲で対処しておきましょう

口コミ評判第1位のショップを見る

買取で人気の重機・建機ブランドbrand

コマツ

小松製作所は日本で建設機械トップシェアを誇ります。世界で見てもアメリカのキャタピラー社に次ぐ2位のポジションにつけており、数ある重機・建機メーカーの中でも存在感は抜群です。青字で「KOMATSU」のロゴの入った黄色い建機・重機は、日本各地のあらゆる現場で目にします。

油圧ショベルやホイルローダー、ブルドーザーといった建設・鉱山機械を始めとして、フォークリフトや林業機械、地下建機なども幅広く手がけています。

人気メーカーだけあって中古市場での評価も高く、状態の良いものであればかなりの高査定が期待できます。

キャタピラー

世界トップの建機メーカーといえばキャタピラーです。CATの文字の下部に黄色い三角形を配置したロゴマークは、誰でも一度は目にしたことがありますよね。日本国内でも、建機・重機といえばコマツかこのキャタピラーの名前を思い浮かべる方が多いです。

アメリカのメーカーらしく、キャタピラーの建機・重機はとにかくパワフルです。作業現場ではパワーは最重要項目ですから、パワフルなキャタピラーの建機が世界中で活躍しているのもうなずけますね。

油圧ショベルを始めとした各種の建機やさまざまなアタッチメント類を展開するほか、近年はICTテクノロジーとの連携にも注力しており、これからますます目が離せない存在です。

日立建機

日本国内でコマツに次ぐ2位、世界でもキャタピラーとコマツに次ぐ3位の建機メーカーです。日立グループの一員で、近年は油圧ショベルや鉱山機械などが非常に好調です。国内の生産体制の再編にも積極的に取り組んでおり、今後コマツを脅かす存在にもなり得そうです。

建機というと黄色いボディカラーのものが多いですが、日立建機のものは独特のオレンジ色が目印です。ショベルやホイルローダーを中心にさまざまな種類のものをラインナップしています。特にショベルはミニショベルから大型ショベル・ローディングショベルまで用途に応じて多種多様な機種があります。メンテナンス性や耐久性も考慮されており、安心して選べる建機メーカーのひとつです。

ヤンマー

ヤンマーというと、ヤン坊マー坊天気予報を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。約55年の長きに渡って親しまれていましたが、2014年に惜しまれながら放送を終えています。

農機メーカーの印象が強いですが、ショベルやホイルローダーなどの建機も手がけ、一定の評価を得ています。比較的小型の機種が中心で、土木建築工事や設備工事、畜産などさまざまな現場で活用されています。ユーザーからは小回りが効いて操作しやすく使い勝手が良いと好評で、根強い支持を得ています。

中古市場でもヤンマーの建機は人気があり、ミニショベルなど多くの台数が取引されています。また、トラクターなどの農機の中古需要も根強いです。

コベルコ

コベルコ(KOBELCO)は神戸製鋼所の国際ブランド名です。建機はグループ会社のコベルコ建機が手がけています。

ショベルやクレーン、ホイルローダーなどが、一般土木作業のほか荷役作業、軌道作業、林業などの現場で活躍しています。建設リサイクル機械・金属リサイクル機械なども昨今の時流を受けて多くのニーズに応えています。独特のブルー系のボディカラーが特徴的で、ひと目でコベルコの建機だなと分かります。

コベルコの建機は、ショベルを中心に大小さまざまな機種が中古市場で取引されています。1990年代の型式のものも見られますが、やはり新しい機種のほうが取引価格は高くなりやすいです。

IHI建機

IHI建機(旧石川島建機)はIHIグループの一員でしたが、2016年より加藤製作所の完全子会社になっています。

他メーカーに比べると中古市場で出回っている台数はやや少なくなってきつつありますが、今でもIHIのショベルやクレーン、コンクリートポンプなどが買取対象となっているようです。特に、ミニユンボ(ミニバックホー)・クレーン付きユンボは一定の人気があります。

建機は古くなればなるほど中古買取価格が下がる傾向が明らかなので、使わずに眠っているIHIの建機をお持ちの方は、なるべく早く専門買取業者へ相談することをおすすめします。

三菱重工業

三菱重工業は、三菱グループの一員です。船舶、原動機、原子力、機械・鉄鋼、航空宇宙などを幅広く扱っています。

1963年からキャタピラー社との間で合弁会社を設立し、長年に渡ってブルドーザーやホイルローダーといった建機の製造・販売を行っていましたが、リーマンショックなどを経て2012年に合弁事業を解消しました。中古市場では、現在でも三菱ブランドの建設機械が少数ながら見られますが、やはり年数を経るごとに少なくなっています。三菱の建機の売却を考えている方は、少しでも早いうちに専門買取業者に問い合わせたほうが良さそうです。

クボタ

クボタは大阪に本社を置くメーカーです。農機メーカーとして国内トップのシェアを誇り、世界でも3位となっています。

小型機械に強みをもち、ミニバックホーを中心とした小型建設機械で業界をリードしています。2001年から15年連続でミニバックホー販売台数世界一位の実績があり、ヨーロッパ・北米のほか発展著しい中国や東南アジア諸国でも都市整備や農業の分野で活躍しています。

もちろん国内でもクボタの小型建機の評価は高く、多くのオペレーターから操作がしやすいと好評を得ています。

口コミ評判第1位のショップを見る

口コミ評判第1位のショップを見る

重機・建機の売却は専門業者に相談しよう

毎日の仕事でハードに使う重機・建機は、定期的な買い替えが必須です。古い機種はなるべく高く売ったほうがトクだと分かってはいても、売却のためにそれほど手間はかけられません。そんな方はぜひ、知識豊富な重機・建機の買取業者を活用しましょう!出張買取を利用すれば、時間やコストをかけずに納得のいく価格で売却できる可能性が高いです。人気メーカーのもの、新しい機種、これまでの駆動時間が短いものは特にチャンス!ぜひ一度買取業者に相談してみてください。