ルイ・ヴィトンのバッグ買取のことならウレルへ

ルイ・ヴィトンのバッグ 買取 ことなら ウレル

ルイ・ヴィトンのバッグの店頭・出張・宅配買取を行っているウレルでは、お客様がルイ・ヴィトンのバッグをお売りしたあと「よかった」「楽しかった」と思っていただけるような高額買取を実現します。

  • 宅配買取サービスを利用する
  • 出張買取を依頼する
  • ウレル南浦和店で査定する

ウレルのルイ・ヴィトンのバッグ買取実績&相場

  • ネヴァーフルMMダミエレディースアイコンバッグ

    ネヴァーフルMMダミエレディースアイコンバッグ

    買取相場価格¥80,000

  • ルイヴィトンLOUISVUITTONダミエDAMIEREBENEショルダーバッグ

    ルイヴィトンLOUISVUITTONダミエDAMIEREBENEショルダーバッグ

    買取相場価格¥80,000

  • アルマPMモノグラムレディースバッグ

    アルマPMモノグラムレディースバッグ

    買取相場価格¥90,000

  • ボストンバッグキーポル・バンドリエール60M41412モノグラムトラベバッグ

    ボストンバッグキーポル・バンドリエール60M41412モノグラムトラベバッグ

    買取相場価格¥20,000

  • ルイヴィトンLouisVuittonヴェルニラインリードPMトートバッグ

    ルイヴィトンLouisVuittonヴェルニラインリードPMトートバッグ

    買取相場価格¥25,000

  • ルイヴィトンLOUISVUITTONモノグラムマルチカラーアニーGM

    ルイヴィトンLOUISVUITTONモノグラムマルチカラーアニーGM

    買取相場価格¥15,000

ウレルの買取はルイ・ヴィトンのバッグを
渾身価格で買取査定いたします。

ルイ・ヴィトンのバッグは、「ルイ・ヴィトンと言えばバッグであり、バッグと言えばルイ・ヴィトン」と呼ばれるほど絶大な人気を誇ります。一番の特徴は、ベージュと茶褐色のチェス盤にルイ・ヴィトンの銘が入った「ダミエ・キャンバス」と呼ばれる模様です。この高級感あふれる模様と、独特の光沢感が人々の目に留まり、現在に至るまで多くの人々の憧れのアイテムとなりました。ウレルでは、そのルイ・ヴィトンのバッグを高価買取しています。

※渾身価格とは…ウレルがお客様の大切な思い出をお引き受けし、お客様に笑顔になっていただくために、精一杯がんばらせていただく価格のことです。

ルイ・ヴィトンのバッグを高額査定・・・・してほしい! そんなあなたへ
ウレルが何故、高額査定できるのかお伝えします。

  • 高額査定のポイント1

    圧倒的な市場調査力と国内外販路数

    ウレルでは、国内外の市場調査と販路開拓を積極的に行っております。国内よりも海外で高値がつくケースも少なくありません。高く売れる国内外販路を多く持っているため、ウレルでは高額買取が可能なのです。

  • 高額査定のポイント2

    宅配買取を中心にしてコスト削減

    ウレルは買取店舗を極限まで減らし、インターネットを通じた宅配買取を中心にしているため、店舗維持のコストが抑えられています。そのぶんを買取価格に還元させていただいております。

  • 宅配買取サービスを申し込む

ルイ・ヴィトンのバッグ買取強化アイテム

ウレルが何故、ルイ・ヴィトンのバッグ
高額査定できるのか!?

ウレルがなぜヴィトンのバッグを高額で買取するのか。なぜ他店よりも高く査定することができるのか。それはウレルが優れた人材と豊富な販売経路を持っているからです。ブランド業界に精通した鑑定士を採用し、あなたのシャネルの価値を正確に判断します。その上でどこの市場で一番価値が出るのかを判断します。場合によっては海外での販売も行ないます。ウレルはあなたのネヴァーフルなどのバッグをどこよりも高く買い取り、そして価値の高い販売経路へ動かすことができるからです。

買取金額がアップする
おまとめ査定

  • ネヴァーフルMMダミエレディースアイコンバッグ買取相場価格 8万円

  • ロゴネックレス買取相場価格 2.5万円

  • ターコイズルース買取相場価格 0.5万円

  • パヴェダイヤリング買取相場価格 7万円

通常買取価格合計 ¥180,000

¥210,000

4おまとめ査定の買取価格合計

1つずつ査定するより
まとめて査定した結果
30,000

「1円でも高く買い取って頂きたい」そんなお客様の熱い声にウレルは応えます! 
ウレルでは、お売りいただける商品点数が多いほど高い査定額をお付けする「おまとめ
査定」を行っております。品物の種類やブランド・ノンブランドは問いません。
複数の品物をウレルにお持ち込みいただくだけで、通常より高い買取査定
額をお付けできます。売りに行く前に「一緒に売れるものはないか?」
もう一度チェックしてみてください。

  • おまとめ査定
  • どんなジャンルの商品でも、合わせていただけます

断然お得!
是非ご活用
ください!

  • 宅配買取サービスを申し込む

「ウレル」が支持されている理由を
自信を持ってお答えします。

  • 他店に比べて高額査定

    ウレルはマーケティング力を活かし、国内外に多くの販売ルートを持っています。ものによっては国内よりも海外で高値がつくケースも少なくありません。ウレルはその商品に応じた高く売れるルートを知っていますので、お客様がお持ちの品を高く買取ることが可能です。

  • 無料の宅配買取キットで遠方買取も簡単に行える

    仕事やプライベートで忙しくて時間が取れないという方も、宅配買取キットを使えばご都合のよいタイミングで、簡単に買取できます。送料や手数料は一切かかりませんし、キャンセル料もかかりません。買取や買取価格に関するご質問や明細書の発行などにもしっかりと対応させていいただきます。ぜひお気軽に宅配買取サービスをご利用ください。

  • 買取できる商品が豊富

    アパレルやアクセサリーをはじめとしたブランド品、アウトドア用品やスポーツ用品、釣り具などの趣味の品、工具・電動工具などの業務用品まで、ウレルはどんな商品でも買取できます。盗品やコピー品など、違法な品物以外はほぼすべて取り扱っております。買取実績も豊富にございますので、安心して品物をお持ちください。

  • 宅配買取サービスを申し込む
  • 宅配買取サービスを申し込む

選べる3つの買取方法!

あなたにあったご利用方法をお選びください。

  • 無料宅配キットは、留守でも
    ご自宅のポストに届きます。
    リユースバッグで梱包要らず!

    宅配買取

    ウレルでは、遠方で店舗まで品物を持ち込めない方、仕事で忙しくて店に行く時間がとれない方、体調が悪くて自宅から出られない方、行くのが面倒な方向けに、無料宅配買取サービスを行っております。専用フォームよりお申し込みいただき、送られて来た宅配買取キットに品物を入れて送るだけで簡単にお売りいただけます。お客様のご都合に合わせて買取が可能です。その際かかる送料・手数料などは一切かかりません。また「おまとめ査定」をご利用いただくことも可能ですし、もし途中でキャンセルしても追加料金はかかりません。買取や買取価格に関する質問・明細書の発行についてもしっかりと対応いたします。ぜひお気軽にご利用をご検討くださいませ。

  • ご近所の方にオススメ!

    店頭買取

    ウレル南浦和店ではお荷物のお持ち込みも受付けております。お車での来店も可能ですので、宅配で送るには大きなお品物などもお気軽に直接お持ちください。ご来店いただいた方には、査定額に+500円させていただいております。
    ※現在、たくさんの査定依頼をいただいておりますため、査定には1〜3日程度のお時間を頂戴しております。その場で査定し、現金をお渡しすることができかねますので、ご了承ください。

  • 東京・埼玉の方

    出張買取

    ウレルでは東京・埼玉エリアを中心に、宅配買取の他にスタッフが直接ご自宅にお伺いしてお品物をお預かりする出張買取も行っております。売りたい品物が宅配買取キットに入りきらないほど多かったり、品物が大きくてご自身で運ぶ事が難しい場合にはぜひお気軽にご相談くださいませ。出張費用は一切かかりません。まずは0120-605-423(受付時間10:00〜18:00)にお電話いただき、詳細と日時をご相談ください。また「売るかどうかはまだ分からないが、とりあえず値段だけ知りたい」といった要望にも柔軟にお応えいたします。
    ※対応エリアは、南浦和店より車で1時間程度の範囲となります。

買取必要なもの本人確認書類だけ!

本人確認書類
運転免許書
パスポート
住民基本台帳カード
健康保険証
外国人登録証明書
在留カード
特別永住証明書
個人番号カード

※18歳未満のお客様の場合は買い取りは行っておりません。
※18歳・19歳のお客様の場合親権者様の同意書又は委任状が必要になります。
※法人のお客様の場合、社名、本店または主たる事務所の所在地と、代表者・担当者の氏名、住所、生年月日を証明 できる書類のご用意をお願いしております。

ルイ・ヴィトンのバッグ買取について

買取業者の比較をするメリット

ウレルでは「お客様の大切なお品物を1円でも高く買い取りたい」という強い想いから、鑑定士のスキルアップ、より高く売れる販路開拓、そして社内で削減した経費を買取価格に還元する取り組みを続けてきました。そしてようやくお客様に喜んでいただける「高額買取」を実現することができました。そのため他店に負けない買取価格を提示できる自信がございます。ぜひ他店での買取査定とお比べいただき、その差を体感していただき、ご納得いただいた上で買取いただければと思っております。しかし、私たちはまだ今の現状に決して満足しておりません。私たちは「お笑い査定」という独自のスタイルで「高額買取以上の喜び」をお客様に提供できるよう、そしてWin-Winの関係を築いていくために、これからも努力し続けていきたいと思っております。

ルイ・ヴィトンのバッグについて

ルイ・ヴィトンのバッグについて

今日ではパリコレに出典する高級メゾンとして、アパレルから時計、バッグや財布などのファッション小物までのトータルファッションを提案するブランドとなったルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)。しかしアパレルに参入したのは1998年より、今やマニュファクチュールとして躍進を見せる時計コレクションを発表したのは2002年と、実は近年になってから。1854年に創業したルイ・ヴィトンの歴史は、人々の旅の変化に応じたバッグづくりの歴史でした。
1854年にフランス・パリに世界初の旅行用鞄専門店をオープンしたルイ・ヴィトン。当時は馬車移動が多く、トランクの蓋の形状は雨が落ちやすいように丸みを帯びているのが一般的でした。しかしフランスに鉄道が敷かれ、船の移動が多くなり、交通手段の変化を感じ取ったルイ・ヴィトンは、狭い場所でも積みやすい平らの蓋を採用したトランクを製作。実用性に優れた製品は瞬く間に人気を博します。
トランクづくりからスタートしたルイ・ヴィトンですが、旅をする人々の需要に応じて、今日でも定番型のバッグをつくっていきます。蒸気船で旅をする際、洗濯物入れとして使えるようにつくられた「スティーマー・バッグ」。特徴的なドラム型で、トランクに折りたたんで運べる「キーポル」など、旅を通じて使いたくなるバッグを次々と生み出していきました。
日本へルイ・ヴィトンのバッグが知られるようになったのは、1960年代のこと。1964年に旅行が自由化され多くの人々がパリに訪れるようになると、ルイ・ヴィトンのパリ本店には日本人の長蛇の列ができました。当時ルイ・ヴィトンの店舗はフランスしかなく、日本でバッグは正規価格の3倍もの値段で取引されていたことも。1978年にブランドが戦後初の海外進出として日本上陸を遂げると、街にはルイ・ヴィトンのバッグを持つ人々で溢れました。また2000年代前半の調査では、20代女性の約94%がルイ・ヴィトンの製品を所持し、さらに約49%がバッグを持っていたといわれており、今日でも衰えることのない人気をうかがい知ることができます。

日本人にお馴染みのモチーフも多いルイ・ヴィトンのバッグデザイン

ルイ・ヴィトンのバッグのデザインとして最も定番の2つといえば、モノグラムとダミエ。この2つのデザインのモチーフは、実は日本発といわれています。
ルイ・ヴィトンは創業当初より模倣品に悩まされていました。ルイ・ヴィトンはトランクを水に浮かぶほど軽くするために、当時一般的だった豚革を見直し防水加工をしたキャンバス地を取り入れ、話題を呼んでいました。しかしキャンバス地は模倣品をつくるのに簡単で、巷にはルイ・ヴィトンを謳ったコピー商品が出回っていたのです。
そこで模倣品防止のために1888年に生まれたのがダミエ。その頃ジャポニズムがパリで流行しており、ダミエのデザインは日本の市松模様からインスパイアされたとされています。このダミエのデザインで、ブランドは1889年のパリ万国博覧会にて金賞を受賞。また、1896年に発表されたLとVを組み合わせたモノグラムは、日本の家紋がモチーフ。製作当初はモノグラムの柄をひとつひとつ、職人が手作業で描いていました。さらに当時のパリでは、日本の家紋を説明した本がベストセラーになっていたという事実も分かっています。
これらのモチーフをベースに、実に様々なバッグのデザインが生まれてきました。イタリアのリゾート地をイメージした白とグレーのコントラストが美しい「ダミエ・アズール」、スペースシャトルの外壁にも用いられている耐久性のある鉱物グラファイトより着想を得た、ダークブルーとブラックの「ダミエ・グラフィット」。
また、2003年から2004年にかけて、日本のアーティスト村上隆とコラボ企画が行われました。コラボ企画で現在でも定番のデザインとして誕生したのが「モノグラム・マルチカラー」。また、瀬戸内海に浮かぶアートの島として人気を博す直島に展示されている、ドット柄の巨大かぼちゃで有名な草間彌生は、2012年に「ヤヨイ・クサマ コレクション」としてコラボしています。
意外に日本との関係が強いルイ・ヴィトンのデザイン。日本でルイ・ヴィトンが人気を誇る理由は、そのデザインに親和性を感じるからなのかもしれません。

メンズ・レディース 持つ人に上品さを与えるルイ・ヴィトンのバッグ

熟練の職人が工房で手掛けるルイ・ヴィトンのバッグは、メンズ・レディース共にバッグを身に付ける人に上品さを与えてくれます。それは、ブランドが160年以上紡いできた誇りある歴史を表しているよう。妥協を許さない製品づくりは、ひとつひとつのバッグの品質を保っています。
ルイ・ヴィトンの定番であるスタンダードなモノグラムやダミエは、メンズ・レディースどちらのコレクションにも採用。また、レディースバッグはダミエ・アズールのように白とグレーを配した明るいカラーリングや、ヴェルニのように光沢のある素材でピンクやイエローなどカラーリングの幅が多いのが特徴。メンズバッグはダミエ・グラフィットや、ブラックやブラウンの単色を使った落ち着いたイメージのカラーリングが多くを占めています。
ルイ・ヴィトンのバッグを持っていると一目置かれるブランドの存在感こそ、メンズ・レディース共に人気の理由なのです。

あらゆるシーンで大活躍 ルイ・ヴィトンバッグの種類

ルイ・ヴィトンが1854年にブランドを創業する前、ルイ・ヴィトンは荷造り用木箱製造・荷造り職人の弟子として働いていました。その頃女性のファッションは、スカートに針金を入れて膨らませるスタイル。そのため、旅行に出かける際はスカートの針金用のトランク、さらには荷造りを専門にする職人まで必要とされていました。独立してトランク専門店として創業した後、ファッションや交通手段の変遷と共に、人々のニーズにあわせて種類を増やしていったルイ・ヴィトン。今日では、あらゆるシーンに活躍するバッグが生まれています。
メンズバッグでは、小旅行にぴったりの旅行鞄や肩にかけられるトートバッグに加え、普段のビジネスシーンでも活躍するビジネスバッグ、通勤にもオフにも使いたいメッセンジャーバッグ。さらに近年のモデルではタブレットが収納できるポケットを施したバックパックまで揃います。
レディースバッグでは、大容量のトートバッグからデートやお呼ばれにあわせたいハンドバッグ、パーティーでも出番の多いチェーン付きのクラッチバッグ。また、おしゃれバッグとしてファッションに取り入れたいリュックなど豊富なラインナップです。
ルイ・ヴィトンバッグは創業当時よりそのブランドの威光に頼るのではなく、日常のあらゆるシーンを想定した人々のニーズをくみ取ってきたからこそ、世界中の人々から愛され続けているのです。

旅の形と共に変化を遂げるルイ・ヴィトンバッグのモデル

トランクづくりから始まったルイ・ヴィトンの商いは、常にメインテーマに「旅」を置いてきました。そして今日でも人気の定番モデルの原型の多くは、旅の形の変化と共に生まれてきたものでした。
1901年に生まれた「スティーマー・バッグ」は、蒸気船で旅をする人のために考案されたもの。船内のドアノブに持ち手がかけやすいよう工夫され、洗濯物を入れるために使われていました。1924年にはトランクに折りたたんで使える「キーポル」が誕生。また、キーポルを原型にした「スピーディー」は、自動車の助手席に置くことを想定して発表されました。1926年にはインドのバローダ王の依頼で特注のトランク「ティー・ケース」を製作。狩りをする際にお茶も楽しめるよう、道具一式を収めることができます。そしてこのティー・ケースをイメージして、1985年にフランス語で麦の穂を表す「エピ」が誕生しました。
ルイ・ヴィトンバッグの歴史を辿ってみると、それは人類の科学進化や文化の歴史とも一致しています。今後人類の生活様式が変われば、ルイ・ヴィトンバッグのモデルも変わっていくかもしれません。

ルイ・ヴィトンバッグの価格について

160年以上を旅するルイ・ヴィトンの歴史は、模倣品との闘いの歴史でもありました。画期的なキャンバス地を用いた軽量のトランクを製造したことで一世を風靡したルイ・ヴィトンは、キャンバス地というコピー品をつくりやすい材質であったからこそ、コピー品に苦しまされることに。1888年に発表したダミエ、1896年に発表したモノグラムは共に、蔓延したルイ・ヴィトンの模倣品を撃退するための手段でした。模倣品に悩まされながらも息づいてきたルイ・ヴィトンのこだわりは、並々ならぬクラフトマンシップによる一流の品質を消費者に届け続けること。その本物の品質こそ、模倣品では絶対に真似することのできないもの。
そこで、ルイ・ヴィトンの店舗にはセールやアウトレットが全く存在しません。それは、行き届いた在庫管理と、セールなどで安価になるような劣悪な品質のバッグを製造していないことが理由。また、他ブランドのように抑えた価格のセカンドラインをつくらないのも、ルイ・ヴィトンならではの特徴。品質を落として消費者層を広げることは、ブランドが誇りを持つクラフトマンシップに反します。さらに、全てのバッグを自社工房で製造しており、ライセンス契約を結ぶことはありません。ライセンス契約を結ぶと、ルイ・ヴィトンの名前だけを貸すこととなり、バッグの品質低下が避けられないからです。
ルイ・ヴィトン独自の基準によって製造された最高級の品質だからこそ、そのバッグは私たちを魅了してやまないのです。

ルイ・ヴィトンバッグのコピー品にご注意を

ルイ・ヴィトンの代表的なデザインであるダミエやモノグラムが、コピー品防止を理由に生み出されたように、昔よりルイ・ヴィトンのコピー品は多く出回っていました。ブランド自身、消費者にコピー品を警戒するよう警告を出しており、さらに悪徳業者には警告書を送付しています。しかしルイ・ヴィトンの努力も虚しく残念ながら今日でもバッグのコピー品は多く、正規品と騙されて購入してしまうことが多発しているのが実情。騙されないためにも、コピー品の見分け方を身に付けたり、購入場所を考慮することが重要です。
バッグのコピー品に多い特徴は、縫製が雑であることやチャック部分の金具の形状が異なること、さらにボタンの形状が異なることが挙げられます。正規品を細部まできちんと見て、不可解な点があるかどうか確認することが良いでしょう。さらにルイ・ヴィトンならではのコピー品の見分け方は、正規品のルイ・ヴィトンのバッグなら保証書が付属しないこと。他の高級ブランドでは当たり前とされる保証書ですが、ルイ・ヴィトンでは昔から保証書が付かないシステム。そのため、高級ブランド=保証書付きと誤った認識をしていると、逆にコピー品を掴まされてしまう恐れがあります。
また、ルイ・ヴィトンのバッグを購入するなら、ルイ・ヴィトンの店舗またはネットショップが確実です。また、ルイ・ヴィトンの店舗以外でバッグを購入する場合は、信頼できる買取店を通したお店を選びましょう。
コピー品が多く出回るルイ・ヴィトンのバッグですが、ウレルの鑑定士は業界での経験が長く、リユース鑑定士という資格を持った者も在籍しています。真贋をしっかりと見分けられる目を持ったスタッフがお待ちしておりますので、どうぞご安心ください。

ルイ・ヴィトンのバッグの買取・相場について

ルイ・ヴィトンのバッグの買取価格の相場は他のブランドと同様に、市場の需給バランスと品物の状態、付属品の有無とデザインによって決まります。
ルイ・ヴィトンのバッグは、シーズン物のコレクションよりも定番型の方が人気のため、買取価格も高くなる傾向に。また、定番型といってもルイ・ヴィトンのバッグは頻繁にマイナーチェンジを繰り返しており、バッグ内部の生地や部品が変更されています。そのため、査定をしてもらおうと決めたら、なるべく早く買取店に持ち込むことがおすすめ。そのままクローゼットに置いておくと、変色や表面の生地がべた付くなどの恐れがあります。
人気モデルの新品バッグは定価の約80%程度、中古品は状態によって10%から60%程度での買取が相場。市場の人気モデルに該当しない新品のバッグなら、50%程度での買取が相場となっています。
買取に出す前にバッグのハンドルなどが壊れている場合、安価に修理ができるなら直してから査定をしてもらう方が良いでしょう。できる限り美品の状態で買取店に持ち込むことで、高価買取に繋がります。さらに高価買取を期待するには、購入時に付属したショップバッグや箱、バッグが入っている布製の袋、さらに領収書も一緒に持ち込むのがおすすめです。
ウレルでは他店では難しい小売の流通ルートを確保しているため、お客様のルイ・ヴィトンのバッグを高価買取することが可能。ご自宅から簡単に申し込める無料のLINE査定やメール査定のサービスも行っており、お気軽にご利用ができます。お手元のルイ・ヴィトンのバッグをぜひウレルで査定してみてはいかがでしょうか。

> バッグ > ルイ・ヴィトンのバッグ