ウレルの買取・査定実績!

ウレルで買取させて頂いたお品物の一部をご紹介

2016.8.15.買取

楽吉左衛門

楽吉左衛門 惺入 造 赤楽茶碗

※2016年08月時点での買取価格です

通常相場価格100,000円

ウレル買取価格

150,000

買取実績(170)

骨董の陶器をお売りいただきました!ありがとうございます。

商品について

ふっくらと丸い腰から口縁に向かって胴がまっすぐに立ち上がり、
口縁が内にわずかにすぼまる姿をなし、
底はやや厚造りとする。柔らかみのある端正な姿に、
永年の使用によって変化した白釉(透明釉)がよく調和し、
落ち着いた佇まいを示す楽吉左衛門の赤楽茶碗です。

楽吉左衛門といえば、千家十職である楽家が代々襲名する名前で、
楽家の窯は430年余変わることのない窯場と言われまさに一子相伝。
技法は親から子を受け継がれてきました。
2010年現在、15代(1949年- 、1980年に襲名)が当主で歴史ある陶工です。
初代の楽吉左衛門が作った茶碗は、
かの千利休が特に好んで使用していたという事もあり、
茶道具の茶碗といえばまず最初に楽吉左衛門の名前があがるほどです。

本作品は、如実にあらわれた一品で、
13代目・惺入の作風は惺入自身の真面目な性格がそのまま窺われる伺われるように、
伝統的な樂茶碗のスタイルに沿ったものといえます。
釉薬の研究にも熱心で、
様々な鉱石を採取して釉薬に使用するなど新しい試みを盛んに行っています。

状態ついて

丁重に取り扱っていた様なので
キズ、使用感ともにございません。

人気について

茶道や茶道具・楽吉左衛門を好む
男性に人気で50~70代のかたに支持されております。

付属品について

お茶道具の目利きで最初にポイントになるのは、茶箱です。
共箱はぜひ欲しいですね。
茶碗は箱とにこいち的なところがあります。

色について

赤楽茶碗の特徴は、鮮やかな色合いにあると思います。
その赤の部分に黒い斑(ふ)が入ることにより、
一層赤の鮮やかさを引き立てています。

素材について

陶器ですので強い衝撃を与えなければ、
使って頂いても問題ないです。

査定について

高級茶碗は工芸品でありながら、
その職人の技術から生まれるシルエットの美しさ、
絵柄など芸術品として見られている側面を持つモノで価格も様々でございます。
勿論共箱があっての価格になりますので、お気をつけください。
中の品物だけでも、お買取は可能ですので一度ご相談ください。

ウレル埼玉大宮店まとめ

ウレルではコレクターや海外に向けたアプローチにより
驚きの買取金額を実現しています。
茶道具・楽吉左衛門を積極的に『正確に』高価査定させていただきます。

ウレルの骨董品に関する買取ページはこちらです。

埼玉県にオープン!陶器を売るなら大宮駅から徒歩3分のウレル大宮店へ。

【高価買取アイテム】陶器などの骨董品買取ページはこちら。

買取価格 150,000円
買取商品名

楽吉左衛門 惺入 造 赤楽茶碗

ブランド 楽吉左衛門
状態 新古品
  • ※買取価格は、時期や相場により変動いたします。
  • ※現在の買取価格をお知りになりたい場合は、お電話やLINEにてお問い合わせください。

この商品を買取したスタッフ

ウレ吉

バイヤー / ウレ吉

宇宙からきたミケネコ 性別:オス 誕生日 X年 3月1日 好きな食べ物 :とんかつ、おこのみやき 嫌いなもの:電子器具 性格:温厚

この他にもこんな商品を買取しています

> > 骨董の陶器
> > > 骨董の陶器