ウレルの買取・査定実績!

ウレルで買取させて頂いたお品物の一部をご紹介

2016.7.11.買取

ノーブランド

血赤珊瑚 原木

※2016年07月時点での買取価格です

通常相場価格520,000円

ウレル買取価格

560,000

買取実績(170)

血赤珊瑚の原木をお売りいただきました!ありがとうございます。

商品について

土佐沖産赤珊瑚は日本近海、特に、土佐湾の水深100〜300メートルの海底に多く分布する種類です。土佐は日本の珊瑚産業の中の8割を占めています。日本の赤珊瑚は外国の物と比べとても質が良いと言われていて、その中でも土佐沖は昔から良質な珊瑚が獲れるとして世界的にも有名な漁場です。海外では「Tosa」や「オックスブラッド」と呼ばれていて、日本で獲れたそのほとんどを海外へ輸出しています。あまり大きくならない種類のため、骨軸は小振りの物が多く、根元の直径が3センチぐらいで、高さが30センチ程度のものが多くみられます。日本産珊瑚の特徴である白色の丸い影のような「フ」と呼ばれるものの有無などでも大きく査定にかかわってきます。「フ」が全くないようなものであれば希少価値はぐんと上がるため貴重なものとなります。血の色に似ているため、血赤珊瑚とも言われ血赤珊瑚は宝石珊瑚の中では最も高価な種類ですから、できるだけ色ムラが少なく透明感があるものは大変貴重です。

状態ついて

キズや、欠け、ひび割れなどはございません。非常に貴重な商品となっています。

人気について

八放(はっぽう)サンゴといわれ、口の周囲にある触手の数が8本です。
深海に生息していて、その成長も遅く、人の目に触れる事は有りません。わずか1cm成長するのに、約50年近くかかる種類もあります。その為、大変希少価値があります。長年かけて作られた奥深い輝きは、とても上品で愛らしい色合いのため、40代の女性に人気があります。つややかな珊瑚を身に着けていると、表情や外観がパっと華やぎます。また、赤黒い色合いのものは最高級品と位置づけされ、そちらは50代の男性に人気のものとなっています。シックで落ち着いた色合いで高級感が漂います。

付属品について

鑑別書はあってもなくても、お値段は変わりありません。

色について

血赤と呼ばれる赤サンゴの原木は、高知県沖室戸)の海底、約300mに多く生息し、その色合と品質の良さから海外へ大量に輸出された種類です。
その為、日本では現在、採取量も少なく希少価値という面で人気も高く、その中でも色の赤黒いものは最高級品として取り扱われています。

素材について

天然物なので衝撃には注意です。また、保管の際にタンスの引き出しに長期間保管することはできるだけ避けてください。艶が落ちる可能性があります。

査定について

その赤く染まったような血赤の珊瑚は貴重価値があり根が太ければ数百万〜数千万とまで言われております。好き好みもありますが、査定としましては、より赤黒いものはかなり高価なものとなっているためその希少性から金額も頑張らせていただきます。

ウレル埼玉大宮店まとめ

同じ血赤珊瑚でも薄い色合いの珊瑚と濃い色の珊瑚では価格にかなりの差が出てきます。より期待にお応えできるよう、国際資格をもった人間が懇切丁寧にご説明、高額査定をお約束致します。

買取価格 560,000円
買取商品名

血赤珊瑚 原木

ブランド ノーブランド
状態 綺麗な商品
付属品 鑑別書
  • ※買取価格は、時期や相場により変動いたします。
  • ※現在の買取価格をお知りになりたい場合は、お電話やLINEにてお問い合わせください。

この商品を買取したスタッフ

バイヤー / ureru

この他にもこんな商品を買取しています

> > 血赤珊瑚の原木
> > > 血赤珊瑚の原木